FC2ブログ

記事一覧

日光を見ずして結構と言うこと莫れ(8)

  石鳥居を抜けると、左手には五重の塔が聳え立っています。

 高さ36メートル。 朱色が緑に映えますね…

 

 

五重の塔

 この塔は、小浜藩主・酒井忠勝が奉納しました。 初代の塔は、火災で消滅してしまったので、子孫の忠進が再建しました。

 この塔の内部は吹き抜けになっていて、心柱が四層目の天井から鎖でぶら下げられ、その最下部は礎石の穴の中で10センチほど浮いているのだそうです。

 これは耐震対策とのことですが、昔から地震の多い我が国の知恵ですよね。

 

 

石鳥居と五重の塔
石鳥居と五重塔のコラボ

 

 

表門

さらに進むと表門です。

  仁王像があるので仁王門ともいいます。 仁王は仏教の守り神なので、明治の神仏分離令で一度は撤去されましたが、いつの日か元に戻されました。

 そういえば川越にある仙波東照宮の表門には、仁王さんがいらっしゃいませんでしたね。

 そーゆーことだったのか!

 

 

神厩舎

さて仁王門をくぐって左側には『神厩舎』があります。 この建物は神に仕える神馬のいる場所なのですが、ここにはあの有名な彫刻があります。

 

 

見サル

そう、三猿です。

 この『見ザル、言わザル、聞かザル』の彫刻は、人(猿)の一生を8枚の絵で物語っているうちの一枚です。

 8枚全部の写真を撮ってきているわけではないし、面倒くさいので解説はしません。

 上の写真は、若いうちは悪いことを 見ザル、言わザル、聞かザルということらしいです。

 

 

上神庫

 その神厩舎の向かいには、祭の時の衣装や道具が入っている三神庫のうちの一つ『上神庫』です。

 ここにも有名な彫刻が…

 

 

想像の象

 それは、想像の象です。

 これは、象を見たことの無い絵師の狩野探幽が『象って、こんなもんでしょ?』ってぐあいに想像で描いたものです。 

 見たこと無いんだったら、違う動物にすればよかったのにね? それとも象でなきゃならない理由があったのかな?
 知っている人がいたら教えてください。

 



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ユーチューブ 天地人

加藤清史郎くん、貯金は「いま4115円」 ‎16 時間前‎NHK大河「天地人」で主人公・直江兼続(妻夫木聡)の幼少期を好演...

YouTube 天地人

加藤清史郎くん、貯金は「いま4115円」 ‎22 時間前‎NHK大河「天地人」で主人公・直江兼続(妻夫木聡)の幼少期を好演した子役の加藤清史郎(8)が18日、初著書「こども役者 加藤清史郎のきもち」(小学館、1155円)の発売記念握...

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ