記事一覧

日光を見ずして結構と言うこと莫れ(11)

 祈祷殿の右側を進むと、奥社へ行くことができます。

 二社一寺(輪王寺・東照宮・二荒山神社)の共通チケットというものがあるのですが、ここから先は別料金です。
 日光散策にもお金がかかりますね…

 

 さてここから先には何があるのかと言うと…

 

 

眠り猫

 眠り猫です。

 奥社に行くには、この猫の下を必ず通らなければなりません。 奥社には徳川家康の墓があるので、ここから先は『ネズミ一匹通さない』という意味があるのだとか。

 

 

スズメ

 眠り猫の真裏には、スズメが遊ぶ彫刻があります。

 このことから、スズメも安心して遊べる平和な世の中になったんだよ。という意味も込められているのだとか。

 

 

 この2つの彫刻は、陽明門から左右に延びて、本殿を囲むように続く『回廊』に彫られているものです。

 先へ進みましょう…

 

 

奥社へ
奥社へは、重き荷を背負いて遠き道を行くがごとし

 

 

奥社へ (2)

 眠り猫からケッコウ歩かされましたよ。 階段も200段ほどあったらしいです。

 修学旅行の子供達は元気ですね、階段を駆け足で登ったり降りたりしてました。

 

  

奥社拝殿

 鳥居をくぐると重厚な拝殿が出迎えてくれます。 この建物は、陽明門らと違って地味でいいですね。

 でも、内部はかなりキンピカらしいです。

 

 

奥社宝塔

 これが、徳川家康のお墓です。

 あの立派な宝塔の下に、家康公は眠ってらっしゃるのです。 

 でも、東照宮建立以来掘り返されたことが無いらしいですから、本当に眠っているかどうかはわかりませんよ~

 実は、影武者だったりしてね!

 

 

 これにて東照宮はおしまいです。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

(ーωー)ZZZ

こんばんは☆
眠り猫って、ネズミを通さないという意味があったんですね。知らなかったです。
でも寝てますね(ーωー)ZZZ
そして、コブ頭将軍さんのお墓ですね。
凸d(^ー^)pochi

かやさん凸ありがとうございます

こんばんは。

それも一つの説にすぎないようです。
もうひとつ、牡丹花下眠猫児という言葉からきているのだという説もあるようですが、その言葉が何をいみするのかがわからなかったので載せませんでした。

寝てたら門番の意味無いですね(笑)

no subject

こんばんは!
始めまして。
かやさん、Tomさんのブログにお邪魔させていただいているアッキーと申します。
四十路さんのお名前は以前より目にしていましたが
今回、思い切ってお邪魔させていただきましたm(__)m
僕も、行きましたが「眠り猫」と「家康の墓」にまた
拝観料がかかるなんて「詐欺だ」と思いながらも
行ってしまったと、思い出しました。
「眠り猫」の上に親切に赤い↓で「ここ」なんて
書いてあるのがウケた記憶が…
四十路さんと同じ「アラフォー」世代、頑張って行きましょう♪
また、お邪魔させていただきますので宜しくお願いしますm(__)m

凸ヾ(^。^)

アッキーさんはじめまして

 こんばんは。

 私もアッキーさんの名前はかやさんやTomさんのブログで拝見していましたよ。


 眠り猫の『↓』はおもしろいですね。確かにアレがなくてはあそこに眠り猫がいるなんてだれも気づかないかもしれませんね。


 いつでも気軽にお寄りください。
 凸ありがとうございます。

no subject

こんばんは☆
始めまして。
越中守護Tomさんの家老トッキーと申します(笑)
眠り猫は奥社でしたっけ・・・かなり昔の記憶なんで・・・・
日光も結構、お金がかかるんですねー

トッキーは「アホー」世代なんで・・・これに懲りずにヨロシク面倒を見てやって下さい凸

ちなみにいつも・・・気軽過ぎる位に立ち寄らせていただいております(爆)

はじめまして

 武蔵国守護代 四ッキーです。
 守護の四十路が留守気味なので、下克上で守護の座を狙っております。

 トッキーさんも気軽過ぎる位に寝返っちゃってください(爆)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ