FC2ブログ

記事一覧

日光を見ずして結構と言うこと莫れ(最終回)

そんな夜叉門の裏側。 やっぱ派手やな~、タイあたりの寺院を思い出しますね。

 

 

夜叉門

 夜叉とは、古代インド神話に登場する鬼神なんだそうでして、鬼子母神なんてのも夜叉の仲間なんだそうですよ。

 

 

大猷院唐門

 こちらは唐門。 中国風の門と言う意味。

 

 

大猷院唐門 (2)

 

 

大猷院拝殿

こちらは拝殿。

 

 

大猷院本殿

 こちらが本殿、別名・金閣殿ともいい国宝です。 拝殿の中には入れましたが、この中は非公開です。

 

 

大猷院皇嘉門

 金閣殿の脇には一風変わった門があります。

 この門は皇嘉門といって、奥の院の入り口です。 奥の院には家光公の墓があるのですが、ここから先は非公開なんですって。 あら、残念…

 この門の別名は龍宮門といって、天井には、それはそれは美しい天女さまが描かれているそうです。

 家光公は竜宮城で眠っているわけですね。

 

 

 これにて日光シリーズは終了です。

 まだまだ撮ってきた写真が残っているので、ネタがなくなったらちびちびと公開していこうかなと思っております。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ここも、素晴らしい☆

立派ですね・・・そして誰も居ないのが嬉しいですね~♪
なんとなく、東照宮風にしてあるも・・・決して東照宮を越える事のないように抑えてあるんでしょうねー

Tomは、今日小松の航空自衛隊の「小松航空際」が気になったのですが・・・・行こうと思いつつも行きませんでした。去年もそうだったんですけど・・・・
マッハで飛ぶ戦闘機をカメラで追ってみるかと思いましたが・・・きっとムリやろなぁ

中〆の「日光結構シリーズ」(スミマセン、勝手に省略)、再び日光を目指したい気分になりましたよー凸

それでトップガンね!

 家光は、死んだ後も権現様(家康)に御仕えしたいということで、日光に墓を作らせたそうですよ。
 ほかの将軍の墓は都内ですからね。

 ウチのほう(入間基地)でも最近航空祭がありましたね。
 会社の同僚が写真を撮りに行ったそうですが、やっぱり飛んでいる飛行機は難しいらしいですね。
 
凸ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ