記事一覧

秋なのに、春の夜の夢を見に天目山へ(4)

 勝沼氏館を出た私は、甲州街道を東へと向かいました。

 大善寺に到着です。 ここは甲州街道(国道20号線)沿いにあり、看板もそれなりに大きいので間違えることは無いでしょう。
 電車で行かれる方は最寄り駅(勝沼ぶどう郷駅)から徒歩30分です。

 

 

大善寺山門
大善寺山門】

 

 偉大なる父・武田信玄の跡を継いだ勝頼は、一時は父よりも領土を広げますが、結局は織田信長によって滅ぼされてしまいます。

 

 1582年3月、信長らに攻められ、新しい本拠地の新府城(韮崎)では支えきれないと判断した勝頼は、家臣・小山田信茂の岩殿城で再起を図ろうと決意します。  
 その岩殿城に向かう途中で一泊したのがここ大善寺です。

 大善寺では、父・信玄の従姉妹・理慶尼が庵を開いていた縁もあり、その本堂に勝頼一行は泊まったのでした。
 受け入れてくれた理慶尼のお兄さんは、実は武田信玄に殺されているのですが、勝頼一行が来たときにはどのように思ったのですかね?

 ざまあみろとでも思ったでしょうか? 哀れに思ったでしょうか?

 

 いずれにしても、勝頼夫妻、息子の信勝、理慶尼の四人で大善寺の本堂に泊まったらしいです。

 

  そして勝頼は、小山田信茂が裏切ったことをここで知るのです。

 

 

大善寺参道
【参道の階段】

 

 次の日に、笹子峠に向かう途中で、小山田軍に鉄砲を撃ちかけられたことで謀反を知った、という説もあります。

 とにかくここ大善寺で、大半の家臣が逃亡したとのことです。 

 

 

大善寺薬師堂
【四人が泊まった本堂(薬師堂)】

 

 覚悟を決めた勝頼は、先祖の墓がある『天目山』へ向かいました。

 

 私も天目山へ向かいました。

 

 

大善寺薬師堂 (2)
【本 堂】

 

 この本堂(薬師堂)は、鎌倉時代に建てられたのですが、『鎌倉幕府か建てた建築物』で唯一の現存建築物なのだそうです。 貴重ですね。

 拝観料500円取るだけのことはありますよ。 あ、イヤミじゃないですよ。

 

 

理慶尼の墓

 こちらが、理慶尼の墓です。 彼女はその後、理慶尼記(武田勝頼滅亡記)という記録を残し、武田家滅亡の様子を後世に伝えています。

 

 

勝頼腰掛石

この石は『勝頼腰掛石』です。 私も腰掛させていただきました。 罰当たり? 

 


[天目山] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

大善寺の山門、見事ですね

こんばんは!
大善寺、勝沼ぶどう郷から徒歩30分ですか・・・
訪れる価値は十分にありますね~
参道の階段に期待していたら・・・
あらら~(><)
本堂は思ったよりも小さいんですね(^_^;)
天目山の薬師堂が500円・・・
鎌倉幕府が建てたのなら、安いですよ♪
あっ、イヤミじゃないですよ(笑)
凸ヾ(^_^;;

アッキーさんこんばんは

書き忘れましたが、あの本堂『国宝』なんですよ。
それなら500円も高くないですよね。
あ、イヤミじゃn(以下省略)

凸ヾ(^_^;;ありがとうございます。

no subject

大善寺、行ってないんですよね。
とりあえず、来年にまた山梨(笹子峠と岩殿)に行くつもりなので、立ち寄って、カツヨリストとして腰掛石に腰を掛けてみたいと思います。
この石も大善寺にあるのですか?

三月兎美樹さんこんにちは。

 大善寺、是非行ってみてください。

 あの石は大善寺の山門のすぐ近くにありますよ。
 まだ私の温もりが残っているかもしれませんね~(怖)

武田勝頼

こんにちは☆
風林火山では勘助おじいちゃんに絶賛された可愛いお子さんだった勝頼ですが、天地人では金ピカの賄賂に目がくらむオッチャンになってましたね~。
微妙に天地人ゆかりの地のような気もしますが……。
風林火山その後の地として、行ってみたいですね~。
凸d(^ー^)pochi!

あの時

 あの時黄金に眼が眩まなきゃ、武田家滅亡はなかったかもしれませんよね。
 勝頼自刃から三ヵ月後です、本能寺。

凸d(^ー^)pochi!ありがとうございます。

黄金に

簡単に目が眩むTomですが・・・・
お~天目山
武田家終焉の地の探訪ですねー
すでに命運が尽きたと悟った者が数日や数時間を過ごした場所・・・・どう思って寝たのか?腰をかけたのか??色々考えますねぇ

そこで、四十路さんが見事に腹を~続きに期待す

黄金の

タレで焼肉を食べ過ぎて、見事に腹を下し…

駆け込んだトイレに紙が無かった時には…

そりゃ命運が尽きたと思っちゃいますよ。


なんか今回は、悲しい史跡巡りになっちゃいましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ