FC2ブログ

記事一覧

木曽路はすべて山の中(3) ~塩尻宿~

  旅の始まりは塩尻から…

 

 ここ塩尻宿は、中仙道の宿場町として栄えました。 中仙道には『中仙道六十九次』といって、69ヶ所の宿場町があったのですが、ここ塩尻は江戸から数えて30番目の宿場町です。

 

 

塩尻宿

 日本海からくる塩の道と、太平洋からくる塩の道が交わるのが丁度この辺りなので、塩の道の終点(=尻)というのが塩尻の名前の由来らしいです。

 

 

塩尻宿 (2)

 ここ塩尻宿には、あまり古い街並みが残っていません。 上の写真の『小野家住宅』くらいでしょうか。

 

 

塩尻宿 (3)

 屋根についている王冠みたいなものは『雀おどり』といって、本陣や庄屋といった上級な民家にしか取り付けることが許されなかったものらしいです。

 各家によって、いろいろな形のものがありました。

 

 

笑亀

 こちらは陣屋跡にあった造り酒屋の笑亀さんです。 私はお酒は飲まないのでよく知りませんが、この辺りでは有名な酒屋さんらしいっす。

 調べてみたら、社長さんは私より若い人で、しかもイケメンでした。

 

 

 

笑亀 (2)

 これは『杉玉』といって、酒屋さんの軒先でよく見かけますよね。

 春には緑色の杉玉が飾られて、『新酒が出来ましたよ~』と知らせ、秋に茶色くなると、『熟成しましたよ~』という意味になるのだそうです。 なんにでもちゃんと意味があるんですねぇ。

 

 

塩尻首塚

 そしてやっぱり戦国時代好きで塩尻といえば『塩尻峠の戦い』ですよね~。

 

 それは、武田信玄と小笠原長時が戦った戦いのことです。

 時は1548年、信玄は村上義清と戦いボロ負けをしてしまいました。 板垣信方をはじめ多くの武将を失い、そしてそのことによって信玄に従ってきた信濃の豪族達に動揺が走ります。 

 これをチャンスとみた信濃守護・小笠原長時は、当時武田領だった諏訪に侵入。 しかし戦上手の信玄に、小笠原長時は歯がたちませんでした。

 この戦いをきっかけに、小笠原氏は没落。 長時は上杉氏を頼り、晩年は会津で過ごしたといいます。

 

 上の写真は信玄が首実検を行ったところです。 実検が終わって遺体を放置して甲斐へ帰ってしまったので、地元の人が埋めた場所なんだそうです。

 ちなみに『首塚』と書いたのは、小笠原長時の子孫の方だそうです。


[木曽路] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

風林火山ゆかりの

こんばんは☆
塩尻ではルートインで泊まっただけで特に何も見なかったんですが、宿場町や合戦場があったんですね。
しかも、「風林火山」で名シーンの1つだった塩尻峠の戦いの舞台だったんですね~。あの戦いのシーンは今も覚えています。
凸d(^ー^)pochi
↓P.S.米沢天地人博の様子です。
http://blog.livedoor.jp/nekomu2/archives/1165739.html

かやさんこんばんは

あらあら、私もルートインでしたよ。
晩飯は、すぐ近くのラーメン屋でした。

あの場面は小笠原長時の迷シーンでもありましたね(笑)

凸d(^ー^)pochi ありがとうございます。

ルートインの

ルートインの大浴場は、疲れた体にはありがたいですねー!!

相手の動揺につけ込んだら・・・返り討ちにあっちゃったんですか・・・小笠原氏は。
キムチも、焼肉も、やはり、しっかりとした漬け込みが大切ですからね。

なかなか木曽路は・・・・
良い所なんだなぁ~と思っております。続編を松たか子。

松たか子のうぶ毛に凸!

Tomさんこんにちは

やはりテストも一夜漬けじゃダメってことですね。
松たか子は、ショートカットの頃のほうが好きです。
中山は引退した方がいいでしょう。

凸ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ