FC2ブログ

記事一覧

畠山重忠と白鳥

  先日は、畠山重忠の居城を紹介したので、今日はお墓の紹介です。

 

 

重忠史跡公園

 この日は1快晴1 気持ちいいですね。

 この公園は、埼玉県深谷市(川本町)にあります。 

 

 

重忠の墓

 お墓もありますが、ここはもともと重忠が生まれた居館でもありました。 

 今は、埼玉県の史跡に指定されています。

 

 

重忠の墓 (2)

なむ~

 

 

 

 そして皆さんに紹介したかったのが、この像です。 

重忠公

 仙台城の伊達政宗像や上田駅前の真田幸村像 のように、馬に乗っている武将の像が普通ですよね?

 でもこれ、馬が畠山重忠に乗っかっちゃってますね~

 発情した牡馬が、重忠を牝馬と間違えて…  ってわけじゃないですよ。

 

 

 これは源氏と平氏が戦った、一ノ谷の合戦の時の話です。 重忠が所属する、源義経率いる源氏軍は、平氏の陣の背後に聳える急峻な崖を、一気に駆け下りて平氏を奇襲したわけですが、そのとき重忠の愛馬は怯えてしまって、崖を降りることがことができなかったのです。

 見かねた重忠は、その愛馬を背負い崖を降りていったのでした。

 そんなエピソードを形にしたのが、上の写真の像なんですね。

 

 

 

 そして、この公園の近くには白鳥の飛来地があるので、ついでに行ってきました。

 

 

川本白鳥 (2)

 一昨年までは白鳥の餌付けをやっていたのですが、鳥インフルエンザ等の関係で、餌付けはやめてしまったそうです。

 

 

川本白鳥

 この日は風がとても強く、白鳥達も浅瀬で寒そうにしていました。

 

 


[畠山重忠史跡公園] ブログ村キーワード

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

これは・・・

これは、珍しい「銅像」かもですね・・・
どの銅像も馬にまたがり勇ましいものが多いですからね~
馬にまたがられているのは、珍しいですねー

エピソードの教訓的には・・・
「馬を含めて生き物全てを愛す自愛の心」
「是が非でも戦闘に参加する忠義の心」
「本末転倒という例え」
一体、どういう意図があるんでしょうねぇ・・・

富山の白鳥飛来池にも・・・2年前から鳥インフルから、「餌やり」が禁止になりました。
ちなみに、Tomは単に写真を撮りに行っただけなのですが、餌やりの人と監視員に間違えられて、高圧的にいきなり、こっぴどく叱られましたが・・・

撮影者と事情が分って監視員が謝罪し始めた瞬間に形勢逆転!!「勝手な思い込みで判断するとは・・・」と逆にこっぴどく叱ってやりました・・笑凸

Tomさんこんばんは

教訓は『畠山重忠は力持ち』ってとこでしょうか?

なんのこっちゃ!

 ここの飛来地には、平日だからか監視員はいませんでしたよ。
 ただ、アルコール消毒用のボトルがポツンと置いてあるだけでした。

 凸ありがとうございます。

めずらしい銅像ですね

こんばんは!

畠山重忠が馬を担いでいる銅像・・・
僕も、発○した♂馬が畠山重忠を♀馬と間違えているのかと(^-^;

怯えた愛馬を担いで崖を降りたなんて、ハートフルな逸話ですね(^^)v

白鳥の飛来地も「鳥インフル」のおかげで餌付けが禁止とは・・・

感染したら、えらい事ですけれどね(´Д`;)

凸〃((((`~´)))) 重忠pochiを背負う!
そして・・・
(^。^)ノ⌒凸 ∈(・)=З 白鳥にpochi餌を投げる!

重たそう

こんばんは☆
馬に乗られてるというのがこの像ですか!ナルホド!
確かに、乗られてるといえば乗られてる?(笑)

凸d(^ー^)pochi

アッキーさんこんにちは

あんな像、青少年に見せてよいものか…
私も写真にモザイクをかけようか迷いましたよ(笑)

凸〃((((`~´))))
(^。^)ノ⌒凸 ∈(・)=З ありがとうございます。

かやさんこんにちは

乗られていると思ってみてください(笑)

昔の馬はサラブレッドのように大きくはなく、ポニーのような小さい馬だったらしいいので、そんなには重くはなかったでしょうね。

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ