FC2ブログ

記事一覧

木曽路はすべて山の中(9) ~桟と床と浦島太郎~

木曽福島から国道19号線を南下し、しばらくすると『木曽の桟(かけはし)』です。

 木曽川に沿って続く断崖絶壁は旅人の往来を阻んだそうです。 そんな難所に木曽の桟は架けられ、わずかな通路が確保されました。
 当初は丸太を綱で結わいただけのものだったそうですが、江戸時代に入ってからご覧のような石垣が組まれたそうです。

 

 

木曽の桟

 車で走っていると普通の道路で気づきにくいですが、川の対岸から見ると一目瞭然、江戸時代の石垣が現れます。

 

 

 

 また暫く国道を南下すると今度は『寝覚めの床』です。

寝覚の床 (3) 

 皆さんは浦島太郎をご存知ですよね?

 

 

寝覚の床

 亀を助けた太郎は、龍宮城へ案内されます。

 故郷が恋しくなった太郎は龍宮城から戻ってくるわけですが、そこには知っている人は誰もいません。

 亀を助けた時点から、300年の時が流れていたのですね。

 

 

寝覚の床 (2)

 そこで太郎は自分探しの一人旅に出ます。 まるで私のように…

 

 

名も無き神社

 この辺りの池で釣り糸を垂れていると、ふとあの箱のことを太郎は思い出しました。

 玉手箱です。

 玉手箱を開けると太郎はお爺さんになっちゃったんですけど、その時に自分の姿を確認したのがこの池です。

 

 

浦島太郎 

 浦島太郎が長い眠りから覚めたということで、この辺りは『寝覚め』というのだそうです。

 

 こんな山奥で、浦島太郎伝説に出くわすとは思いませんでしたよ。

 


[木曽路] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ