記事一覧

両毛五市の城と麺を訪ねる旅 ~太田市編・その2~

 金山城址から目当ての焼きそば屋に向かう途中に、なんだか雰囲気のよさげな寺があったので寄ってみました。

 私の悪い癖ですね。

 

 

大光院

 大光院です。

 

 

大光院 (2)

 この寺は徳川家康が、新田義重の菩提を弔うために建立しました。 地元では、呑龍さまといわれて慕われているそうです。

 

 

新田義重の墓

 なぜ新田義重かといいますと、徳川氏は新田氏の子孫だと“称して”いるからなんですね。 その新田氏の祖が義重なんです。

 ちなみに、ここ太田市には徳川氏発祥の地(世良田東照宮)がありますよ。 今回は寄らなかったすけどね。

 

 

 さて、そうこうしているうちに、目当ての采女屋さんに着いたのが、10時30分になってしまいました。 

采女屋 

 せっかくネットで早く開店する店を調べたのに…

 

 

采女屋の焼きそば

 『太田焼きそば』といっても、コレといって特徴があるというわけではありません。 各店舗によって味付けは違うようですね。

 で、この采女屋さんはというと、麺は中太・ソースは薄め・お祭の屋台で売っているような、昔懐かしい味です。

 とても美味しくいただきましたが、朝から何も胃に入れていなかったところにいきなりこってりソース味が入ってきたものだからか、胃がビックリしちゃってチョットもたれてしまいました。 

  

 これから先が思いやられます…

 

 采女屋さん、ホームページ→http://www.unemeya.com/

 


[太田焼きそば] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

早速

「1食目」にきましたか・・・・笑
徳川氏は、「新田源氏」の末裔と称しているのですかぁ~源氏としては、負け組の方ですね~笑

焼きそばパックが新聞紙に包んであるのが・・・・なかなか渋いですねー凸

Tomさん凸ありがとうございます

家康は幕府を開くにあたり源氏と称さなければならなかったので、無理やり新田氏とつなげたらしいですね。

 新聞紙包装は、父親が酔ってお土産で買って来るやきとりを思い出しましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ