>

あけまして、江戸城を歩く(5)

Category : ---江戸城

 江戸城の続きです。

 桔梗門へとやってきました。

 ここも普段は外側からしか見られないんですよ。

 

 

桔梗門 (3)

 この門も瓦に、太田道灌の紋である桔梗紋が付いていたことから『桔梗門』と呼ばれていたそう。

 でも、江戸時代の正式名称は『内桜田門』

 

 

桔梗門 (2)

 ここから出てしまうと、また正門まで行かなければならないので、来た道を少し戻ります。

 

 

障子折れ

 今度は蓮池濠

 夏には濠一面に蓮の花が咲き乱れるそうですよ。 見てみたいですね。

 

 この蓮池濠の向こう側は本丸です。

 それだけに、この石垣は手強そうですね。

 

 その石垣の上に乗っている建物は『富士見多聞櫓』です。 現存です。

 多聞櫓とは、長屋形式の櫓のことで、要するに横に長い櫓っちゅうことですね。 

 

 

富士見多聞

 富士見多聞櫓アップ。 

 ちなみに松永久秀の居城・多聞城(奈良県)で初めてこの形式の櫓が造られたことから『多聞櫓』と言うそうになったのだとか。

 

 

道灌濠

 蓮池濠の向かいには道灌濠があります。

 太田道灌がここに城を造ったころからある濠なので、道灌濠と呼ばれているそう。

 

 

道灌濠 (2) 

 この道灌濠の向こうは、紅葉山という場所で、昭和天皇のお気に入りの場所だったんだそうです。

 

つづく…


[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

Comment

中から見ると・・・

こんにちは!

普段、外からしか見られない「桔梗門」を内側から見る事が出来るのは、お得ですね~♪

石垣&富士見多聞櫓は、凄い(°д°;)
僕なら、ここで足を止めて見入ってしまいそうです。

凸ヾ(・∀・)

外から見ても・・・

こんにちは☆

お~凄いですねー☆
ここら辺は、人も疎らで、好きなようにバンバン写せそうですね~
『富士見多聞櫓』は現存なんですかぁ~江戸城は無血開城して本当に良かったです

江戸城は、こういう日は・・・どこでも行っていいのでしょうか??

凸(⌒∇⌒)

アッキーさんこんばんは

 富士見櫓も見所かもしれませんが、この石垣が本当の見所かもしれませんね。
 高さといい、長さといい、圧巻でしたよ。

凸ヾ(・∀・)ありがとうございます。

Tomさんこんばんは

 はい。天皇陛下のお出ましになる宮殿を過ぎてしまえば警備はゆるゆるですよ。
 でも宮殿に戻ることはできません。

 一般参賀がある日は、普段入れない場所に入れますが、普段入れる場所は『休園日』です。

凸(⌒∇⌒)ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR