FC2ブログ

記事一覧

埼玉のマイナー史跡と、メジャーB級グルメ(4)

 ゼリーフライで腹を満たした私は、その近くにある天祥寺にお邪魔しました。

 

 

天祥寺

 成田氏が城主をしていた忍城ですが、北条氏滅亡後は徳川氏の家臣が入ります。

 最初は松平家忠。 彼は関ヶ原の前哨戦、伏見城の戦いで伏見城に籠り、鳥居元忠らと共に死んでいます。

 次に松平氏が二代続き、阿部氏が九代。

 そして1823年には、再び松平氏が入ります。 今度の松平氏は、通称・奥平松平氏といい、あの長篠の戦いの時の長篠城主だった、奥平貞昌(後に、信昌)の子孫なんです。

 その奥平松平氏が五代続いて、明治維新を迎えました。

 

 そんな、奥平松平氏の墓がここ天祥寺にあります。

 

 

 

松平氏の墓 

 ちなみに、長篠の戦いの悲劇のヒーロー・鳥居強右衛門の子孫も、奥平松平氏に従って来ていたそうです。
 墓も付近にあるようでしたが、見つかりませんでした。

 

 

 

 そして私は、お隣の加須市へと向かいました。

 

 

總願寺

 忍城は明治を迎えて取り壊されてしまいますが、移築現存門がここ加須市にある“總願寺”にあります。

 上の写真は山門ですが、派手ですねぇ~

 

 

總願寺本堂

 こちらは本堂。

 

 

黒門

 そしてこちらが忍城の現存遺構、黒門です。

 どこにあった門かは不明なんだそうです。

 

 

岡村屋 (2)

 そして加須市といえば有名なのが“うどん”です。

 江戸時代半ばに、ここ總願寺の門前で参拝客に振舞ったのが最初といわれています。

 それが上の写真の岡村屋さんです。

 今でも總願寺の山門前にあるんですよ。 わかりやすいですね。

 

 

岡村屋

 もりうどんです。

 加須うどんは“もり”でいただくのが一般的というので、私も“もり”でいただきました。

 

 とてもおいしくいただきましたよ。 大盛りにしておけばよかったかな~

 

おわり。 


[忍城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

盛りうどんとは・・・

總願寺の門は「ゴールド」ですかっ!!
コレはキンキラですねー

そして黒門は現存遺構の割には、フェンスで囲むことなくかなり間近に寄れる雰囲気ですね

「盛りうどん」とは・・・意外でしたね~
関東圏は「蕎麦」のイメージだったもので!!

天麩羅もいただきたくなりますねー凸

Tomさんこんにちは

山門は秀吉好みですね~

実は埼玉は、うどん生産量が香川に次いで二位なんですよ。
意外でしょ?

これからも、埼玉のうどんをどんどんアピールしますよ(たぶん)
凸ありがとうございます。

B級じゃ!(`ヘ´)

こんばんは☆
加須市は「うどん」なんですね♪
加須うどんとか言うと例のB級グルメ狩り番長さんが怖い顔して「これ、盛りうどんだよね?」とか言いそうですが、美味しそうです☆
(`ヘ´)店長……凸d(^ー^)これ、うまいね。B級じゃpochi!

かや平さんこんばんは

埼玉にもBグルまだまだあるので、番長にも是非来て欲しいですね~

でもよくよく考えたら、店主に向かって『B級!!』って、失礼ですよね?(笑)

凸ありがとうございます

加須うどんが・・・

思わず見ていて・・・
//(^¬^)ズルズル
って、遅くなりましたがこんばんは!
金ぴかの門と、趣のある本堂、忍城の現存遺構
「黒門」がどれもいい味を出していますね~
「黒門」は近くでじっくりと見てみたいです(^-^)
凸ヾ(・∀・)

アッキーさんこんばんは

黒門の前の道は車の通りが多いので、門の全体像を撮るのに危ない思いをしましたよ。

それにしても山門の派手さにはビックリしました。

凸ヾ(・∀・)ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ