FC2ブログ

記事一覧

雪解けを待って、新発田征伐(1) ~福勝寺~

 冬の間、関東に閉じこもっていた私は、ようやく今年最初の遠征に出掛けてきました。

 場所は、昨年の大河ドラマ“天地人”ゆかりの地であるにもかかわらず、殆ど語られなかった新潟県新発田市とその周辺です。





 埼玉から車で4時間ほどで到着。

 まずはこの人にご挨拶をしないと…


新発田重家
 


 新発田市内の福勝寺にある、新発田重家の像です。

 とてもやさしい顔をしていますね。

 この顔で、上杉景勝に7年も抵抗したとは思えません。




 

重家廟 


 これは重家の廟ですが、ちょっとブレてしまいましたね。

 この日は雨が降っていて、傘を差しながら撮るのは難しかったです。




 

福勝寺 


 花の奥にあるのは宝物殿ですが、そこには重家ゆかりの品々が…




 

重家肖像 

 
 その中には、重家を紹介する時によく使われる肖像画がありました。

 写真に撮っちゃいましたがよかったのかな?




 

本堂 


 福勝寺の本堂。

 福勝寺は、新発田氏の菩提寺だということですが、開山したのは雲洞庵の和尚だそうです。

 雲洞庵といえば、景勝・兼続が学んだ寺として有名ですね。




 

重家墓 


 もともと新発田氏は、鎌倉幕府成立した時に越後に赴任した佐々木氏が発祥です。

 重家の父親の新発田綱貞の時には、上杉謙信の父親の長尾為景とはほぼ対等の立場だったそうです。

 でも謙信の代になると、新発田の家は重家の兄の長敦が継ぎますが、その頃には新発田氏は上杉氏の家臣扱いになったようです。

 
 謙信が死んだ後に起こった家督争い“御館の乱”では、新発田兄弟は景勝側に付きますが、その恩賞が少なかったことを不服として反乱をおこします。
 もちろん、織田信長や、会津の蘆名氏にも唆されたことでしょう。

 
 これが新発田重家の乱です。(乱を起こしたときは、兄の長敦は亡くなっていて、重家が新発田氏を継いでいた)
 

 この乱は7年にも及びますが、バックに秀吉の力を得た上杉景勝によって鎮められました。


 重家は今、新発田市街の寺町の一角にあるここ福勝寺で、静かに眠っております。

つづく…



[新発田] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なるほど・・・

新発田の乱、7年の軌跡を読み入ってしまった・・・

あっ、こんばんは(^_^;)
穏やかな表情の新発田重家の像から想像できない
謙信への乱・・・
それは不服と乱を起こしますね~

凸ヾ(´_`)

アッキーさんこんばんは

普段穏やかな人ほどキレると怖い…
そんな印象をこの像で持ってしまいました。

7年の間にはもちろんいろいろあったのですが、機会があれば書いていきます。

凸ヾ(´_`)ありがとうございます。

なるほど・・・

今年初にして春の遠征は新潟県新発田市ですかぁ~
新潟は隣県なるも、かなり遠いイメージですね

あっ、こんばんは(^_^;)
恩賞が少なかったことを不服として反乱をおこしましたか・・・

よくよく考えてみると、「天地人」のドラマの印象が大きく「上田衆」は謙信に心より従属していたように思えてしまいますが・・・・
よく考えてみれば長尾政景の不慮の死により、謙信に従属させられたに過ぎず・・・景勝がまだ幼い事を理由に領地は召し上げられ、精鋭揃いの上田衆は各地の前線に送られる等、謙信への恨みはかなりあったものかと。

謙信の死により、上田長尾家再興と今度は逆に越後集束に動いた御館の乱と考えれば・・・・乱の最中や乱の終了後も、色々と面白くない想いがした人がいても当然。新発田重家さんもその1人だったのかもですねー

今期の年俸が少なかったら、Tomも反乱を起こしてもいいですか??凸

Tomさんこんばんは

新潟県は日本列島と同じく、南北に長いですからね。
しかも新発田は北の方にありますから。
でも、埼玉から行くより富山からの方が近いんじゃないですか?

越後は御館の乱があったおかげで、不満分子が炙りだされる形となりましたが、重家は炙りだされた最後の一人だったかもしれません。

凸ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ