記事一覧

雪解けを待って、新発田征伐(11) ~笹岡城~

 新発田市の五十公野を離れ、阿賀野市笹岡城に行きました。













笹岡城 (3)
 

 この城は14世紀半ばに立てられたといいますが、正確な時期はわかっていないそうです。

 謙信の時代には、村上義清の息子の山浦国清が入ります。

 御館の乱後は今井源右衛門が城主となります。

 この今井の父親というのが下平某という人物で、実は長尾政景殺しの真犯人ではないか? という説があるそうです。

 ということは、上杉景勝にとっては父親の仇の息子っちゅうことですよね。



 新発田の乱の時は上杉勢の前線基地となったそうです。 







 
笹岡城 (2) 

 入口は桜が満開でした。







 
笹岡城 (6) 

 こちらは十郎杉です。

 樹齢450年だそうで、越後の歴史を見つめてきたのですね。 





笹岡城

 主郭は公園になっていました。





 
笹岡城 (5)

 堀切? 虎口?





 
笹岡城 (4)

 その今井源右衛門と家臣の墓。

 ちなみに今井氏は上田衆だそうです。


[阿賀野市] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

14世紀半ばの

14世紀半ばの城ということになると・・・石垣は無く「土塁」ということになるんでしょうか・・・

こんばんは

そんな城も今は、遊具が置かれた公園ですかぁ~
お城に墓石があるというのも珍しい気もしますが・・・・
なんとく「城の跡」よりは「館の跡」みたいなイメージを感じてしまいますね凸

公園とは・・・

何故、遊具を置いちゃったんでしょうね~

あっ、こんばんは!
何だかもったいないですね。
せっかく笹神村指定文化財なのに・・・
これも、役場の子供へのマインドコントロール
ですかね?
サクラが満開♪綺麗ですね~

凸ヾ(・∀・)

越中のハニー「Tom」さんこんにちは

石垣などはなく、完全に土の城ですね。
確かに、城といっても“館”に毛の生えたような城に見えますが、当時は上杉の大群が駐屯できるような立派な城だったようです。

凸ありがとうございます。

アッキーさんこんにちは

最近では遊具自体がなくなりつつありますからね。
ひょっとしたら遊具が文化財なのかもしれません(笑)

今年はいろいろなところで桜を見ることができました~

凸ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ