FC2ブログ

記事一覧

但馬・丹波攻略(12) ~天空の城、竹田城(その2)~

 竹田城の続きです。

 亀さんコースで登ると、ちょうど大手門から入れるのでいいですね。











大手門

 竹田城の魅力といえば、なんといってもこの石垣。












 
三の丸から本丸

 いつも山城に来ると思うんですが、こんなにたくさんの石を運ぶのは大変だったろうなぁ~












 
三の丸?

 もう一つの魅力は、標高350メートルの古城山山頂からの眺めでしょうね。

 360度、どこを見渡しても、絶景と石垣ですよ。











 
三の丸から二の丸へ

 三の丸から、二の丸に向かいます。












 
二の丸

 二の丸からも、絶景かな~












 
二の丸から

 二の丸から、大手門付近を見たところ。











 
二の丸から (2)

 二の丸から南(大手門とは反対側)を見たところ。











 
二の丸から (3)

 これも二の丸からだったかな?












 
二の丸から天守

 二の丸から天守台を見たところ。

 一番高いところが天守台で、石垣の大きさから、弘前城の天守と同じくらいの天守が建っていたと推定されるそうです。

つづく…


 



[但馬国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

天空の城ですねー

こんばんは

山に城を築くのは、敵が攻めにくいことかと思うのですが・・・・・
敵が攻めてくるということは、城側は「篭城」ですよねー

Tomは、こういう高地の城を行くといつも思うのは・・・・「水」どうするんだろ??って思うのですが。
近くの渓流や沢の水を引いたり、恐ろしく深い井戸を掘ったりしたのかもしれませんが・・・・
「水の手」を断たれたら持ちこたえられませんよねー

それでも・・・
平地の「平城」に比べれば、武将の野望にも似たロマンを感じますねー

凸(⌒∇⌒)

絶景ですね

こんばんは!

石垣が見事なんですね~
コレだけ石垣があれば当時の雰囲気に思いをはせる事ができて良いですねe-257

山城は攻め入るのも大変ですけれど、防御する側にとっては「篭城」の持久戦になることで・・・
お互いが疲れ果てて、テンションがおかしくなって壮絶な戦いが待っているんでしょうね。

凸( ゜∀゜)アヒャヒャヒャ 

Tomさんこんばんは

もちろん水がないと人は生きられないわけで…
井戸を掘ったり、湧き水を汲んだりしたわけですが
逆に考えると
『水のない場所』に城は造らなかったのでしょうね。

凸(⌒∇⌒)ありがとうございます

アッキーさんこんばんは

この石垣がこの城址の見せ場ですが
なにも建築物がないのが潔いですね。
下手な再建なんかしないでほしいものです。

篭城戦は気力の維持がどれだけ続くかがカギでしょうね

凸( ゜∀゜)アヒャヒャヒャ ありがとうございます

こんばんは☆

こんばんは☆
山の上に安土城を築かせた織田信長さんは鬼だの魔王だのとのののしられたそうですが(汗)
それにしても、こんな山の上なのにすごい石垣です。

凸d(^ー^)pochi!

かやさんこんばんは

そんな山城も、信長以降急激に発展したのですが
だんだんと低いところにしろを造るようになって
山城は時代遅れになってしまううんですよね~

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ