記事一覧

但馬・丹波攻略(14) ~竹田城主の墓と但馬牛~

 戦国時代の子供は、成長が早いですね~

 江なんか、あれで6歳ですよ!
  









 あ、こんばんは。

 但馬・丹波攻略の続きです。



 竹田城の麓へと下りてきました。











竹田駅

 最寄り駅の竹田駅には、ちょうど電車(気動車ですが)が停まっていたのでパチリ。

 











 
常光寺

 そんな竹田駅のすぐ近くには、小さいですが“寺町”があります。

 そこに、竹田城主の墓があるというので行ってみました。

 まずは常光寺。











 
太田垣光景

 ここには、最初の竹田城主・太田垣光景の墓があります。

 太田垣氏は、但馬国造・日下部氏の後裔といいます。

 光景は、応仁の乱の西軍の総大将・山名宗全の家臣で、このあたりの守備を命じられて竹田城を築城しました。

 応仁の乱にも参戦したそうですが、そのほかの事績についてはよく判っていないみたいですね。











 
和田山寺町

 最初の竹田城主の墓を見た後は、最後の竹田城主の墓です。













 
法樹寺

 それは法樹寺にありました。













 
赤松広秀

 赤松広秀(別名・斎村政広)です。

 赤松氏といえば播磨の守護大名ですが、彼はその分家の生まれです。

 はじめ播磨龍野城主でしたが秀吉に降伏し、天下統一事業に貢献して、後に竹田城を与えられます。

 

 関ヶ原では西軍に参加し丹後の田辺城を攻めますが、西軍の敗北を知ると東軍に寝返って、西軍方の鳥取城を攻めます。

 でも、“西軍の敗北後”の寝返りの印象が悪かったんでしょうね、戦後は切腹を命じられてしまいました。









 二人の墓を見た後は、お待ちかねの夕食です。

 やっぱり但馬に来たなら但馬牛を食べないとね!



 というわけで、事前に調べておいた店で、但馬牛のステーキ丼をいただきましたよ。














ステーキ丼

 って、あれ? 肉が少ないんですけど~

 事前に調べた写真だと、もっとボリュームがあったような気がしたんんですけどね…

 これも、不景気の影響でしょうか?

 でも、確かに“肉”はおいしかったですよ。 



[但馬国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

確かに・・・

戦国時代の子供の成長は早いですね~爆
あれで「6歳」なんですから「戦国コメディ」そのものでしたね。

あ、こんばんは!

竹田駅に停車中の気動車、先頭車両は何かの「ラッピング車両」なんですかね?
ピンクの車体が良いですねぇ~e-349

竹田城初代城主の墓は「五輪塔」と格式があるのに、最期の城主の墓は「平凡」なんですか・・・
「分家」の生まれで、寝返ったからこんなものなのかな?

但馬牛v-529のステーキ丼を見て・・・
あらっe-263
量が少ないですね~e-327
これで3000円以上だったら「サギ」ですよ!
豪快にご飯が隠れるくらいの量が欲しかったですね~

凸ヾ(?_?) 但馬牛の量がのpochi!

江与はまだ6歳だから~♪

江与じゃなくて江ですけどね(^^;)
おはようございます☆
早く起きてしまいました。また寝ますけど(^^;)
「天正元年生まれ」なんてことを強調しなければいいのに、あれでは大半の視聴者が「えっ?じゃあこの江は何歳?」と思ってしまいますよね。
まあ、大河ドラマではありがちなことなんでしょうけど。

竹田城主の墓はふもとのお寺なんですね。
寝返ったのに切腹って意味ナイジャン(T。T)
ステーキ丼っていうとこんな感じなんでしょうか。
お値段はいくらぐらいでしたか?

凸d(^ー^)pochi!

老けた6歳やなっ!!

永遠の少年にして、18歳+αのTomには・・・・あれで6歳は考えられません!!
ちなみに+α部分は20歳を過ぎてから考えないようになりました・・・・笑

あっ!!こんばんは

どちらかの趨勢が決してから、勝ち馬に乗ろうと言うのは・・・なかなか人間くさくてTomとしては好きですがねー
なにも切腹までさせなくても~とは思いますが。

寺町、なかなか良い雰囲気ですねー
川の写真はなかなか風情がありますよー

但馬牛のステーキ丼、うーん!!肉がもう少し、椀の端から端まで~橋が架かるように乗せて欲しいところですねーちなみにお値段は??

凸(⌒∇⌒)

アッキーさんこんばんは

確かにあの電車にはいろいろな絵が書いてあったような気がしました。
なんだったかな~?

墓の種類は、ひょっとしたら時代の違いかもしれません…
よくわかりませんが(笑)

あのステーキ丼は、肉が隠れるくらいの豪快なご飯が特徴ですよ~
値段は忘れましたが、1000円台だったと記憶しています。

凸ヾ(?_?) ありがとうございます

かやさんこんばんは

センチメンタル ジャ~ニ~♪
懐かしい(笑)
まさに江の人生は、センチメンタル・ジャーニーそのものですね(?)
篤姫のあおいチャンもかなり若い年齢を演じていたと思いましたが、彼女は童顔なので違和感がなかったですね~

東軍に寝返って切腹したのは、彼だけらしいですよ。
貴重ですね(笑)

以前彦根で食べた近江牛のステーキ丼は、もっと大きな肉が乗っていたので、それをイメージして注文したのですが…
値段は1000円台だったと記憶しています。

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

永遠の少年Tomさんこんばんは

私もいまの年齢は考えないようにしています
(なのにHNが、四十路って…)

確かに切腹は重すぎますね
島流しや謹慎でもよかったと思うのですが
そこにはなにか裏事情がありそうですよ

寺町の前の川。
本物も風情がありましたが、うまく表現できたでしょうか?

Tomさんも食べていたかと思いますが、あの彦根の近江牛のステーキ丼をイメージしていたので、ちょっとガッカリでしたね。
値段は1000円台だったかと記憶しています。

凸(⌒∇⌒)ありがとうございます

こんばんわ

待ってました、但馬牛!!
(ん?どこかで同じフレーズ書いたような・・・?)
でも・・・確かに少ないですね。。。
5キレですかぁ。半分ずつ食べて10回はお口に運びたいものですね!。
量より質ということでヨシとしましょう!!
ハァ、お肉食べた~い!

サンちゃんさんこんばんは

待たせたなー! 但馬牛!
(赤信号風に(笑))

ご飯は少なめでもいいので
もっと“プレミア”感を出した方がいいかもしれませんね~

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ