FC2ブログ

記事一覧

但馬・丹波攻略(15) ~天空の城、竹田城(その4)~

 間が開いてしまいましたが、但馬・丹波攻略の続きです。 

 なぜ竹田城が“天空の城”なのかという話でしたね。

 晩秋の竹田城付近には、よく朝霧(雲海)が発生します。 それがこの辺りの風物詩となっているようですが、その朝霧(雲海)に包まれた竹田城が、あたかも天空に浮かぶ城に見えることから“天空の城”と名づけられたのです。
 
 その雲海に浮かぶ竹田城を見るために、わざわざこの時期にここにやってきたのです。



 で、肝心の“雲海”の発生する条件なんですが…

 1. 前日の昼の気温が高く、夜に冷え込むこと。
 2. 晴天であること。
 3. 風が弱いこと。

 特に、昼と夜の気温の差が大きい晩秋にこの条件が満たされれば、早朝に美しい雲海が見られるということです。

 私が雲海を見る予定だった日の朝の予報は快晴。 前日は、午前中は雨が降ったりしましたが、午後からは“晴れ時々曇り”とまずまずの天気で、気温も高めでした。
 が、突然夜中に雨が降ってきたのです。
 
 心配になって、ホテルのフロントの人に聞いてみると、やはり雨が降っては霧は発生しないだろうとのこと。

 でも一応は、日の出の時間に竹田城に到着できるように、5時半に目覚まし時計をセットして床に就きました。










 翌朝起きて外をみると…       星がキレイでした。

 星がキレイに見えるということは、霧は発生していないということでして、私の『第一回雲海チャレンジ』は失敗に終わったということです。

 あー、残念! せっかく埼玉から来たのに、雲海が見られないとは…

 まあ、相手は自然ですからしょうがないですね~












立雲峡

 見られないとはわかっていても、せっかく早く起きたのだから、竹田城の全体像が見られるという立雲峡に行きましたよ。











 
立雲峡 (2)

 駐車場では、きれいな紅葉を見ることができました。











 
立雲峡 (3)

 駐車場から少し登ると…











 
立雲峡より竹田城

 竹田城!!



 ここは有名な撮影スポットらしく、カメラマンの方が何人かいらっしゃいました。

 その中の一人の方に聞いてみたら、やはり雲海は発生しなかったとのことです。

 
 


 ちなみに、雲海が発生した時の竹田城は、youtubeでもみることができます。

 ご覧になりたい方はどうぞ…

 





http://www.castlefan.com/data01/takeda/  ← 写真はこちらにたくさんあるようです。


[但馬国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ



 

 但馬・丹波攻略はもうちょっと続きます…


関連記事
スポンサーサイト



コメント

条件を見る限り・・・

雨晴海岸の「気あらし」に通じるものがありますねー
「夜の冷え込みによる気温差」、「晴天」、「風なし」は、全く同じです

あっ!!こんばんは

きっと、ずーっと狙っているカメラマンもいるんでしょうねー
(あー日本全国どこにでもいるんだぁ・・・・という呆れと安堵感の複雑)
立雲峡、名前からは「雲海」を想像させますが・・・・やはり向かい側から撮るのが定番になるんですねー紅葉が綺麗です☆
しかし、クマとは出会いたくはないものですねー!

モチロン・・・・今後に
天空の城「雲海」チャレンジシリーズは、あるんですよねー笑

凸(⌒∇⌒)

う~ん残念!

せっかく武蔵国から攻め入ったのに、敵将の首を取れなかったとは・・・(≧З≦)ノシ クヤシ~

あ、こんばんは!

自然が相手で残念な結果だと、その気持ちを何処にぶつけたら良いのか・・・
「もやもや」が晴れないですね!←上手い事言ったでしょう?
次回、攻め入る時は「もやもや」が一面に広がっている事を願いましょう(ー人ー)ノシΩ゛チ~ン

凸ヾ(・∀・)

ラピ○タは本当に…!

こんにちは☆
雲が晴れて石垣が現れたら、まさにラピ○タな光景だったかもですね。おっしいなぁ~!

ますます行ってみたくなりました♪

凸\(^ー^)ぽち!

Tomさんこんばんは

確かに気あらしと条件が似てますね
この雲海も、竹田城下に流れる川の蒸気が関係しているとのことですよ

この日は平日でしたが、立雲峡には何人かのカメラマンがいました。
休日で、雲海が見られる日には大変でしょうね。

この竹田城が、関東周辺にあれば第二回はあるでしょうが
兵庫は遠いですからね~

でも、死ぬまでには一度見てみたいですね!

凸(⌒∇⌒)ありがとうございます

アッキーさんこんばんは

そうなんです
せっかく時間を掛けて遠征したのに…

もやもやが… ←座布団三枚!!!

次回は、いつになるやら…

凸ヾ(・∀・)ありがとうございます

かや@越中さらさら帰り中さんこんばんは

って、もう帰陣されたでしょうか?

そう、本当にラ○ュタはあったのです。
パズー! シーターッ!!

晩秋が狙い目なので是非!


凸\(^ー^)ぽちありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ