記事一覧

常州攻め(5) ~久下田城と芳全寺~

 下館城から北に車で15分ほどだったでしょうか、真岡鉄道の久下田駅に到着です。












久下田駅

 ちょうど無料駐車場があったので、そこに車を停めて久下田城に向かいました。












 
電車

 運よく電車(気動車ですが)が通ったので、パシャリ!

 動いているものを撮るのは難しいですが、これはなかなかうまく撮れたかな?

 ちなみに、この線路はこれから向かう久下田城の堀跡に通したものらしいです。













 
久下田城 (2)

 しばらく歩くと、ご覧のようなものが見えてくるので、迷うことはないでしょう。











 
久下田城

 久下田城の遺構は、堀や土塁などが残っていますが、あまり良い状態ではありませんでした。

 上の写真の橋の下も立派な堀があるのですが、草がボーボーで、とてもお見せできる状態じゃありませんよ。

   











020.jpg

 本丸跡と思われる場所には、怪しげな神社が建っていました。




 この久下田城は、先日紹介した下館城主・水谷氏の第六代・正村(蟠龍斎)が宇都宮勢の来襲に備えるために、築城しました。

 いつもお世話になっている蟠龍戦記の管理人さんが愛して止まない水谷蟠龍斎は、当時宇都宮氏と敵対していた結城家の家臣だったわけですが、その敵対している宇都宮領の目と鼻の先のこの場所に築城し、自ら城主となりました。

 現在でいうと、先ほどの久下田駅は栃木県(旧宇都宮領)で、この久下田城が茨城県(旧結城領)ですから、ホントに最前線だったわけです。

 案の定、宇都宮勢が何度もこの久下田城に攻め寄せますが、その度に蟠龍斎が撃退し、逆に結城領を広げることに成功したといいます。

 秀吉により天下統一が成ると、蟠龍斎は弟に家督を譲り隠居、関ヶ原の二年前の1598年に亡くなります。

 そしてこの久下田城は、元和の一国一城令により廃城になりました。




 久下田城を見た後は、常勝蟠龍斎が眠る、芳全寺に向かいました。












 
芳全寺 (5)

 その芳全寺の総門です。

 屋根は大谷石葺きだそうですよ。 栃木県らしいですね~。  (この寺は栃木県)














芳全寺 (3)

 総門をくぐると山門があるのですが、なぜか総門と山門の間が幼稚園の敷地になっていて、通ることが出来ませんでした。

 よって、先ほどの久下田駅近くまで戻って寺に入ったのですが、なんだか不便ですね~











 
芳全寺

 本堂と鐘楼です。

 










 
芳全寺 (4)

 そんな鐘楼に吊るされている鐘は、蟠龍斎が初陣の武蔵大串攻めの時に戦利品として分捕ってきた、『蟠龍の大鐘』(のレプリカ)です。

 武蔵大串といえば、ウチの近所なんですよね~ …って、勝手に持っていくなよ、蟠龍斎さん!

 いまの鐘には、蟠龍斎のプロフィールが書いてあるそうなんですが、読めません…(汗)













 
芳全寺 (2)

 そしてこちらが蟠龍斎の墓です。

 この人が、もし武田や織田の家臣だったら、もっと有名になっていたかもしれませんね。  


[常陸国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

怪しい・・・

本丸に小さい神社があるとは如何に?

あ、こんばんは!

真岡鉄道と言えば「SL」を思い出します。何故かJRに貸し出され、東北の臨時列車で運行されるのですから、きちんと整備されているでしょうね!(b^ー°)

さて、久下田城に行くのに、途中親切な石碑があるのは迷わずに行けそうで、新しく作ったのかな?

肝心の掘が「草ボーボー」というのが残念(*_*)
ちゃんと草むしりしなきゃですね!

屋根に大谷石、山門と総門の間が幼稚園の敷地だったり、芳全寺もなかなか怪しいお寺ですね(;¬_¬)

凸ヾ(o^∀^o)

怪しい・怪しい・・・

草がボーボーで、とてもお見せできる状態じゃないとは・・・
そ!そ!そこかよっ!!v-12

あっ、こんばんは

「蟠龍斎」というのは、どこかで見かけた言葉なのですが・・・思い出せない!!
と思っていましたが読み進むうちに得心いたしたv-218

歴史の大河からは、スポットライトが当たらない戦いかもしれませんが・・・・
男たちは戦ったんですなぁ・・・・( ̄人 ̄)

凸(⌒∇⌒)

餃子の街の女の子(By.TCO25)

こんばんは☆
宇都宮氏と戦っていたんですね。しかも最前線。
水谷氏の奮戦がなかったら、下館や結城も餃子の街の仲間入りだったのでしょうか(汗)

栃木県と茨城県の県境って低い山と狭い川ぐらいしかないので、国境を守るのも大変だったでしょうね。

凸d(^ー^)pochi!

アッキーさんこんばんは

そうですね。
真岡鉄道といえばSLです。
秩父鉄道もそうですが、土日運転なのでこの日はSLは見られませんでしたよ。

城址のよっては、看板も出ていないところが多いので
こういう配慮はありがたいですね。
その分、城址そのものの整備には、予算が回らなかったのでしょうかね?

凸ヾ(o^∀^o)ありがとうございます

Tomダ斎さんこんばんは

草ボーボーも嫌いじゃないですよ
いかにも『古城』の趣ってかんじです

戦国時代は、その土地土地のヒーローがいておもしろいです。
政宗や幸村だけが武将じゃないぞ! と歴女サン達に教えてあげたいですね。

凸(⌒∇⌒)ありがとうございます

かや@栃木県側さんこんばんは

いやいや、水谷氏がもっと強かったら、宇都宮も納豆の街として有名になったかもしれません(笑)

それとも結城紬かな?


埼玉も『DST(ださいたま)40』というアイドルユニットをデビューさせるらしいですよ。
(もちろん冗談ですが…)

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ