記事一覧

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(2) ~六万騎山城~

 

 浦佐から南に車で15分ほどだったでしょうか、六万騎山に到着です。














六万騎城登山口

 積雪が心配されましたが、登山道に雪は無いようなので登ってみました。














 
六万地像

 登山道を少し外れると、ご覧の有様…













 
六万カタクリ

 この六万騎山は、カタクリの群生地でもありました。











 
六万騎カタクリ

 薄紫の小さな花が、可憐ですね。













 
六万騎城本丸

 さて、30分ほどの登山で主郭に到着です。

 

 この六万騎城の築城時期、築城者は詳しくはわかっていないそうです。

 戦国時代には上田長尾氏の坂戸城の支城となり、上杉氏の会津移封に伴って廃城になったのは確かのようです。
 














六万騎本丸より 

 積雪もあり遺構などはあまり確認できませんでしたが、この雄大な景色を見ることができたので満足です。



[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

TKD24とか

こんばんは☆
TKD24とか黒田二十四騎とか思い出す名前ですね(^^;)
六万騎山城…明らかに名前負けしていますね。馬が六万も登ったら山が崩れてしまいそうです。
遠くに見えるのは直江ブッキー兼続がほんの数秒で登った八海山でしょうか。
眺めだけは良さそうな山城ですね。

凸d(^ー^)pochi!

地蔵さんが

半分近く、雪に埋もれているのにはビックリですねー!!
∑(゚∀゚ノ)ノ

こんにちは
そして30分の雪山登山、お疲れ様です!!


山城なんですね・・・戦国の最初の頃の城郭なんですか??
かたくりの花、まだ1度も撮ったことがありません!!いつもあとから気がついてます~悲

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

浦佐の近郊に・・・

こんなに良い所があったんですかっΣ(・ω・ノ)ノ

あ、こんばんは!

登山道には雪がなくても、少し外れると「お地蔵さん」の胸まで雪が積もっちゃっているんですね。
何だか罰が当たりそうな気が・・・(´д`)

かたくりの花は「紫」の可憐な花を咲かせるんですね~
見たことはあるのかもしれないですけれど・・・

主郭からの絶景も見ごたえがあるんですねぇ・・・
雪が解けて田植えが終わり、夏になるとまた緑の絨毯が広がり、秋になると黄金色の絨毯が広がるので同じ場所から見ていただきたいですね~♪

凸ヾ(・∀・)

かやさんこんばんは

そうなんです、あんなところに六万騎なんて、到底無理です。

あの山は、確か巻機山ではなかったかと…

景色はいいし、登りやすい山城なのでお勧めです。

なにもないけど…

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

Tomさんこんばんは

お地蔵さんに蓑を貸してあげれば、恩返ししてくれたかもしれませんね~

築城時期は不明らしいですが

戦国時代説や、南北朝説もあるそうです。

カタクリは偶然でしたね。

地元では、城址というより、カタクリの群生地ということで有名らしいです。

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochiありがとうございます

アッキーさんこんばんは

はい。

浦佐の近郊にこんないいところがっ!!

これなら新幹線の駅を造って正解ですね(大げさか…)

カタクリも、群生していたから(看板にも書いてありましたが)気づきましたが

一輪だけだったらわからなかったかもしれませんよ(笑)


ここからなら、四季の移り変わりもわかりやすいかもしれませんね~

凸ヾ(・∀・)ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ