記事一覧

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(4) ~六日町駅周辺~


 おいしい蕎麦をいただいた後は、六日町駅付近の散策です。













六日町駅から
 

 駅から見た景色です。

 左に見える山が坂戸城のある坂戸山です。 

 今回は登りませんでしたけどね~














 
USG24.jpg 

 お! USG24なんてのもあるんですかっ!?













 
六日町大橋 

 一枚目の写真の奥の方に歩いていくと、六日町大橋があります。

 この橋の袂には…














 
お六と桂姫 

 お六桂姫の像がありました(後ろは坂戸城)

 お六とは直江兼続の幼名です。本当は“与六”ですが、地元の六日町では、お六とよばれて親しまれているようです。ニックネームのようなもんでしょうかね?

 桂姫とは、上杉景勝の妹です。上杉景虎に嫁いだ華姫とは別人ですよ。


 六日町に伝わる話では、お六桂姫は周囲も公認のラブラブの仲だったのだそうです。 でも時は戦国時代、そう簡単に二人が結婚できるわけがありません。 

 桂姫は上条義春に嫁いでしまいます。

 桂姫は上条家に嫁いだ後も、お六と一緒になることを夢見ていましたが、お六が直江家を継いでもう一緒になれないことを知ると、傷心のあまり病を発し間もなく亡くなったという話です。

 写真では下のほうに見切れていますが、南魚沼市はここを“恋人達の聖地”としたいようです。 結局一緒になれなかったのだから“聖地”にしちゃダメなんじゃないの~?





[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは☆

そういえば、橋のたもとにある足湯が「お六の湯」だったような気がします。
お六と桂姫の像……最近立てられたのでしょうか。見覚えがないです。
桂姫も天地人世界では見事に「いなかったこと」にされてますね。
監督さんの趣味か、或いは、原作でもいなかったことにされているんでしょうか。
それでも、舞台が六日町だった1話・2話は良かったんですけど。
御館の乱の時の坂戸城近辺での戦いもほとんど描かれませんでしたし、六日町は美味しい材料をたくさんあったのに、もったいないですよね。

凸d(^ー^)pochi

こんばんは

直江兼続で・・・引っ張ってきた「恋話」
悪くはないですが・・・観光起爆剤になるにはもう少し「ドラマ性」ゆ「カリスマ性」が弱いかもしれませんね

「上杉24将」ですかぁ・・・
三人衆、五人組、八部衆、12将・・・どんどん人数が増えて大所帯化しているのは、AKBの影響なんですかねぇ~

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

かやさんこんばんは

足湯…

ありましたね~

地元の人だかが入っていましたよ。

地元の人といえば、あのドラマの感想を聞いとけばよかったですね。

面白かったのか?

観光客は増えたのか?

たぶんどちらも“がっかり”だとは思いますが…

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

Tomさんこんばんは

こういうエピソードをあのドラマでやっていたら、もうチョット良かったのかもしれませんが。

おいしいところはことごとくカットでしたからね~

USG24は、そのうち人気投票でも始めますよ~(笑)

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ