記事一覧

梅雨の晴れ間に会津征伐(6) ~小田山公園~




 会津藩主・松平家の廟所から車で西に10分ほどで、小田山公園に到着しました。













蘆名家廟所

 その小田山公園の麓には、旧会津の領主・蘆名家の廟所があります。

 蘆名氏は、初代を佐原義連といって、源頼朝の挙兵に従った鎌倉幕府の御家人です。

 頼朝の奥州征伐に功があり、ここ会津を与えられ、孫の光盛の代から“蘆名”を名乗りました。

 ※石碑の一番上の字はなんと読むのだろう?


 











 
蘆名盛氏

 戦国時代には、上の写真の盛氏の代に最大の勢力になりますが、この盛氏が亡くなると急に勢力が衰えて、遂には20代目の当主・義広の時の1589年、伊達政宗によって滅ぼされてしまいます。

 









 では、小田山に登りましょう!













 
小田山公園

 麓には駐車場がありますが、頂上までは30分ほどの登山です。











 
蘆名家廟所 (2)

 中腹には、また蘆名家の廟所跡がありました。

 ここには3代目~8代目の廟があったようですが、今はなにもありませんでした。













 
砲台から鶴ヶ城

 少し登ると、西軍砲台跡がありました。

 維新時の会津戦争時に、新政府軍がここから鶴ヶ城に向けて大砲を撃ったそうです。

 写真は10倍ズームで撮りましたが、実際直線距離で鶴ヶ城まで2キロほどです。













 
小田山城

 もう少し登ると、小田山城の冠木門が再現されていました。

 そう、この山は中世には小田山城という城だったんですね。

 蘆名氏の初代・義連が築いたとされますが、詳細は不明で、戦国時代には黒川城(現会津若松城)を拠点とする蘆名氏の詰めの城だったようです。

 盛氏の代になって、向羽黒山城を築いた時に廃城になりました。











 
小田山山頂

 頂上、つまり小田山城の主郭に到着です。

 なぜか頂上には、田中玄宰(はるなか)の墓がありました。

 彼は江戸時代後期の会津藩家老で、改革によって大飢饉を救った人だそうですよ。

 遺言により、ここの墓が作られたそうです。













 
小田山城址

 田中さんの墓から少し奥に行くと小田山城の遺構が少しばかり見ることができましたが、写真ではわかりにくいので載せるのはやめておきます。 


[会津若松情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは☆

おお~、ローカルな城ですね~。
会津には何度も行っているのに、小田山城跡、知りませんでした。
夏場は暑い会津盆地で山登りは30分でも疲れそうですね。

凸d(^ー^)pochi

こんにちは

会津は1度も行ったことがないですが・・・・
あの鶴ヶ城を見下ろせるとは、凄い場所にありますねー

山登りに30分ですか・・・これはなかなかハードですねぇ
黄色い花はなんなんだろう~

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

かやさんこんばんは

そうですよ~

地方のマニアック城址です(笑)

こういう山城は冬に攻めるのがいいかもですね。

でも、積雪で登れなくなっちゃうかもですね~

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

Tomさんこんばんは

鶴ヶ城もそうですが、会津市街を見下ろせる場所なので、絶好の場所ですよ。

登山は30分ですが、登山道は緩やかなのでそんなには疲れませんでした。

黄色い花はニッコウキスゲじゃなさそうです(笑)

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ