記事一覧

梅雨の晴れ間に会津征伐(7) ~蒲生三代と昼飯~



やることやってんじゃねーかよ、秀忠っ!








  あ、下品ですいません。



 会津征伐の続きです。

 豊臣秀吉の小田原征伐の後、ここ会津の地には蒲生家が入ります。

 その、蒲生三代の墓の紹介です。














 
恵倫寺 
 まずは、先日紹介した小田山公園の麓にある恵倫寺です。

 ここには蒲生賢秀の墓があります。













 
蒲生賢秀

 賢秀は近江南部を納めていた六角氏の家臣でした。

 織田信長の足利義昭を奉じての上洛時には、賢秀は日野城を守って信長と一戦を交えました。

 信長側の説得により賢秀は日野城を明け渡しますが、この時に人質として織田側に渡したのが息子の氏郷です。













 
興徳寺 

 その氏郷の墓は、会津若松市街の興徳寺にあります。 












 
蒲生氏郷

 氏郷は、信長・秀吉に仕えて数多くの戦で功をあげました。

 秀吉時代の小田原の役後に、この会津の地を与えられ、それまで黒川という地名だったものを出身地にゆかりのある“若松”の改めました。












  
7層天守

 しかし、朝鮮出兵の時九州で病を発し、わずか40歳の若さで亡くなりました。

 上の写真は氏郷が築いたという、七層の若松城の天守の石造です。



 氏郷の後を継いだのは秀行です。













 
蒲生秀行廟 

 彼の墓も会津にあります。
 
 

 彼の墓は、立派な建物で囲まれていました。

 でも、菩提寺であったはずの寺は廃寺になっていたようです。



 秀行は、父の氏郷が若くして亡くなったために、わずか13歳で家督を継ぎます。

 そのせいか家中は乱れてお家騒動をおこし、宇都宮に移封されてしまいました。もちろん減封です。

 しかし、関ヶ原前の会津征伐の時に宇都宮で上杉家(蒲生家の後に会津に入ったのが上杉家でしたね)をけん制したことなどから、蒲生秀行は関ヶ原後に会津に復帰します。

 しかし彼も30歳の若さで死亡。秀行の後を継いだ忠郷も26歳で死亡。

 本来ならお家断絶のところですが、秀行の奥さんが家康の娘だったことから、伊予の地で存続することが許されました。

 ちなみに、忠郷の墓も会津にあるのですが、すっかり行くのを忘れてましたよ。

 また行く理由になるからいいかな?





 さて、新旧会津藩主の墓参りを済ませたので、お昼ご飯にしましょう!  



  今回はこちら…
















 
治左ェ門

 会津名物、ソースカツ丼です!













 

 ソイヤ ソイヤ ソイヤ ソース!(笑)












ソースカツどん

 寿治左ェ門さんのをいただきましたよ!

  とてもおいしかったです。

 





 次回からやっと、お色直しをした鶴ヶ城です。


 
[会津若松情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは☆

前回の最後が、やる直前だったんですよ(^^;)
あれだけ嫌っていたのにイベント発生(火事)で一気に仲が進展とか、先週見てなくて今週は見た人はわけが分かんないでしょうね。

蒲生氏郷の時の若松城は7階建てだったんですね。
なんかそのオブジェだとひょろひょろっとしててすぐに落城しそうです。実際は松本城のような感じだったのではないかと思いますが。

会津のソースカツ丼は美味しいですね。量が多過ぎて食べきれないお店もありますが、ここは食べ切れそうな量のようですね。

凸d(^ー^)pochi

かやさんこんばんは

そうか~
あの後に出来た子供なので、ファイヤーベイビーですね(笑)
それにしても、これからポンポンと子供を生むのに(たしか7人)、あんな夫婦仲でいいのでしょうかね?

ソースカツ丼は量も程ほどでおいしかったですよ。
城からも近いのでお勧めです。

氏郷の7層天守は、安土城や大阪城の影響を受けた造りだったかもしれませんね。

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ