記事一覧

ニッコウキスゲと諏訪の史跡(10) ~小坂観音院~

 



 続いては、諏訪湖の東岸にあります、小坂観音院です。














小坂観音院山門
 

 諏訪湖を見渡せる、崖のような場所に建っています。














 
小坂観音院 

 昼間なのにうっそうとした参道を抜けると…












 
小坂観音院紫陽花 

 アジサイ祭りをやっていました~(笑)













 
小坂観音院のかわいい花 

 これはアジサイじゃないな。











 
小坂紫陽花 

 この小坂観音院の創建時期はわかっていませんが、江戸時代の前期に諏訪藩主の諏訪氏によって建て替えられたという記録が残っていることから、それ以前ということはわかっているそうです。















  
小坂観音院から諏訪湖 

 諏訪湖がキレイでした。

  


 そしてナゼ私がここに来たかというと、それは武田信玄の側室で勝頼を生んだ、諏訪御料人の供養塔があるからです。

 では早速お参りを… 















 
諏訪御料人の供養塔

 おいおい! 新しいじゃんっ!!

 というのも、そもそもここに諏訪御料人の供養塔がある理由というのが 『井上靖さんの小説“風林火山”の中で、諏訪御料人(小説内では由布姫)がここで過ごしたことになっている』 ということだからなのです。

 もともと昭和38年に建てられたものを、大河ドラマに合わせて建て替えられたのだそうです。

 別に本人ゆかりの寺に“墓”以外の“供養塔”が建てられるのは珍しいことではありませんが、小説の舞台となった場所に供養塔が建てられるというのは、初めて聞きましたね。 

 でも、諏訪御料人がここに来なかったという証拠はないですし、後に諏訪氏に保護されているということから、少しは関わりがあったと思いたいですね。

 ちなみに、諏訪御料人の本当の墓は長野県の高遠にあります。













せみせみ
夏ですね…


 

[諏訪湖] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

諏訪の姫

諏訪の姫というイメージですから・・・・
やはり諏訪湖畔に何かの「碑」が欲しい心情は分かりますが。

あっ、こんばんは

諏訪を含む長野も「夏」のイメージですねぇ~
今年はセミの抜け殻は見なかったなー

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

諏訪御寮人

 こんばんは。諏訪湖の眺め何時見てもキレイですねえ。。。湖面がキラキラと輝いています。

 ご指摘の通り、武田信玄側室で、勝頼の生母であった諏訪御寮人の「お墓」がここにあるのは井上靖が小説上設定したものだそうですね。
 当方「墓マイラー」のため、一応二箇所ともお参りしてきましたが。。。(笑)

 聞いた話ですが、この地域の人は温泉で肌が磨かれるため、美人が多いのだそうです。だからこそ、諏訪御寮人はその美貌で信玄の心をとらえたのだとか。温泉は入られましたでしょうか。

 それともしよろしければ、ブログリンクしていただいてもよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。

 つ☆ポチッ

Tomさんこんばんは

寺の関係者も、これは観光客が来てくれるかもと思ってことでしょう。

実際、私のようなもの達が見に行っちゃうんですからね~(笑)

信州といえば、高原のイメージで“夏”なんでしょうね。

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochiありがとうございます。

A☆六文銭さんこんばんは

私は高遠城には行ったのですが、墓参りには行っていないんですよね
その頃は墓なんて全く興味が無くて…

そういえば、諏訪は美人が多かった気がするな~(笑)
私は今回は残念ながら、温泉には入りませんでしたよ

リンクの県ですが、こんなブログでよろしければどうかよろしくお願いいたします。
私のブログにもリンクを貼らせていただいて、相互リンクといたしましょう。

ポチありがとうございます。

姫しゃまぁ~!

こんばんは☆
諏訪御料人というか、諏訪のツンデレ姫様のゆかりの地なんですね。
諏訪湖が見下ろせるなんて、なかなか良い場所ですね。

凸d(^ー^)pochi

諏訪湖が・・・

綺麗ですね~
オリラジの「藤森」も故郷の諏訪湖を見て「あやまんJAPAN」から足を洗って欲しいし「チャラ男」キャラからも足を洗って欲しいな~爆

あ、こんばんは!

井上靖の小説の舞台に「供養塔」を作っちゃうなんて、井上靖の小説ファンなら納得がいくけれど「歴史」ファンには違和感がありますよね~v-12

神社の宮司も諏訪湖を見て心を綺麗にしたほうが良いかな~

凸ヾ(・∀・)

かやさんこんばんは

そういえば、ツンデレ姫の中の人は、まったく見かけなくなりましたね。

あの姫がここから諏訪湖を見下ろしていたと(小説上ですが)思うとロマンがありますね。

凸d(^ー^)pochiありがとうございます

アッキーさんこんばんは

そういえば、アイツの故郷は諏訪でしたね。

こんないい場所から、あんなチャラいヤツが出るなんて…

東京がそうさせてしまったのだろうか!?

いつも思うのですが、こういう供養塔も数百年後には“文化財”になるんでしょうかね?

凸ヾ(・∀・)ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ