記事一覧

あの日見た銀杏の名前を…(後編)




 おいしい蕎麦をいただいた後は、秩父神社に行きました。














秩父神社

 神社のホームページによると、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まると書いてありました。

 要するに、とても古くて由緒ある神社ということでしょう(笑) 













 
秩父神社 (2)

 神門。

 七五三に来ていた子供達がかわいかったです。













 
023_20111107205025.jpg 

 菊花展をやっていました。

 そういう時期ですね~ 













 
秩父神社拝殿

 社殿が見えてきました。

 実はこの社殿、1592年に徳川家康によって寄進されたものです。

 東照宮に負けないくらい、彫刻が素晴らしいのですよ。














 
秩父神社子育ての虎 

 これは『子宝・子育ての虎』

 徳川家康は、寅年・寅の日・寅の刻生まれ(本当かなぁ?)だったことから、家康の威厳を表せているといいます。

 当時の名工・左甚五郎の作品。













 
秩父神社三猿 

 こちらは、三猿。

 日光の三猿は、見ざる・言わざる・聞かざるなのに対して、ここの三猿は『よく見て、よく話して、よく聞く』という、お元気三猿なんだそうです。











 
北辰の梟 

 北辰の梟。

 祭神を守っているのだとか…














 
秩父神社なんとか龍

 つなぎの龍。

 鎖で繋いでおかないと、夜中に暴れまわるのだそう。

 ほかにも素晴らしい彫刻がありましたが、代表的なものを紹介しました。














 
031.jpg

 ここでも、銀杏が色付いていましたよ。














 
みたらしだんご

 最後は、団子で締めましょう!

 たまには、みたらしもいいかも~



















 
034.jpg

 あ、こんなところにも行ったのでした。







おわり





 
[秩父情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

秋深まる感じですね・・・

こんばんは
菊が神社に奉納される季節ですかぁ
こういう「菊」を作るのも、かなり大変な手間暇がかかると聞きますねー

彫刻が見事ですねー
お元気三猿も左甚五郎の作品なんでしょうか??

イチョウの黄色もキレイですな
あ~みたらし団子が食べたいっ!!

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

Tomさんこんばんは

よく神社とかで菊祭ってやってましよね?
誰々の作品とかってよく書かれていますが、菊職人とかっているのでしょうかね~

お元気三猿も甚五郎さん作品らしいっすよ

いつもは醤油団子ですが、この日は珍しくみたらしにしちゃいました。
美味しかったです♪

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochiありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ