FC2ブログ

記事一覧

姫路城 ~中堀の門跡群2~

久長門跡 

【久長門跡】

 

 続いては久長門跡。 奥に天守、見えますよね? 名前の由来が解説板に書かれていたと思いますが忘れてしまいました。

 

不明な門 

【野里門跡】

 

中堀北辺の門跡はこの野里門しかありません。

 

北辺 

【北辺の中堀】

 

 このへんになると、ほとんど観光客はいません。左側の木が生い茂っているところは土塁の跡なんですが、あまり整備はされていないようでした。ちょっと残念ですね。

 そのかわり、地元の人がジョギングをしたり、犬の散歩をしたりしていました。

 

清水門跡 

【清水門跡】

 

 中堀の西辺には三つの門がありました。 その一つがこの清水門です。右のほうに写っている建物の下に清水が湧いていたことからこの名前が付きました。

 この日は工事をしていて、そばに近づくことができませんでした。

 

市の橋門跡あたり 

【船場川と中堀】

 

 実は、中堀の西辺と平行して船場川が流れています。船場川を外堀と考えれば(実際そうなのでしょうが)、外堀と中堀の間はわずか数メートルということですよね。

 ということは、姫路城を攻めるにはこのへんからがいいでしょうか?

 

市の橋門跡 

【市ノ橋門跡】

 

 この門内にかなり太い道路が通っていて、反対側の石垣は完全に失われています。こっち側の石垣を残してくれたのはありがたいのですが、歩道が超狭くなっちゃっているのはご愛嬌。

 

 

車門跡 車門

【車門跡】

 

 

  この車門は、二重枡形門という形式で最低三回門をくぐらなければ、城内に入ることが出来ませんでした。

 現存でいうと金沢城の石川門のように、二回門をくぐれば城内に入ることが出来るのが一般的です。

 門の名前は、その二つの門をワンセットにして「○○門」といいます。 個別に門の名前を呼ぶ場合は、城外から見て、最初にくぐる門を「○○門の二の門」。次にくぐる門を「○○門の一の門」と呼びます。

ややこしいですか?

 

埋門跡 

【埋門跡】

 

 こちらも立派な石垣が残ってますね。普通なら、この石垣に出会えただけでも大満足です。

中掘南辺の西端にあります。

 

 

門 

【門跡】

 

 「くまたか」と読みます。熊鷹のことでしょうか? 門の形状に沿って現在の道路が作られているのが、おもしろいです。 他の城下町へ行っても、このような形の道路があったら、門があったのでは?と疑ってみるのも一興ですね。

 

 これで、中堀の門跡の紹介は終了です。

 

 次回はいよいよ…

 

 



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

周りも

こんばんは☆
姫路城は周りを回るだけでも時間がかかりそうですね~。
ちょうど紅葉の時期だったようで良かったですね☆

凄いですねー

こんばんは♪

既に「門」は失われてはいますが・・・
ちゃんと石垣は残っているんですね~!!

石垣から「門」を想像するのも楽しいものです♪

姫路には「姫路城」しかないなぁ~なんて思ったTomですが・・・・
こういう廻り方っても、姫路城を何倍も楽しめますね~

勝手ながら・・・・
「お気に入りリンク」に加えさせて頂きましたm(_ _)m
下手なブログの紹介文は、お許しください(^o^;)ゞ

かやさん

そのとうりで…

私は一日かけてゆっくりまわりましたが、急ぐ人はレンタサイクルも無料でありましたよ。

紅葉はまあまあでした。

Tomさん

石垣だけで、飯が三杯食える私です。はい。

紹介していただきありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ