記事一覧

ニッコウキスゲと諏訪の史跡(14) ~桑原城~

桑原城  

 諏訪湖の東部にある桑原城に行きました。

 登城口は比較的大きな県道沿いにありましたが、ご覧のように草がボーボーで看板があまりよく見えなく、気づくのが遅れましたよ。

 














桑原城登山口 

 真夏だったので山城どうかな?と思いましたが、調べてみたら20分ほどで登れるというので挑戦してみました。

 











 
桑原城 (2) 

 最初は登城道も整備されていましたが、途中からは草深くて歩きづらかったですね。

 暑くても、長ズボンを履いていったほうがいいでしょう。











 
桑原城址 

 予定通り20分ほどで主郭に到着。



 

 武田信玄の父である信虎は、娘を諏訪頼重に嫁がせ武田家と諏訪家は同盟を結びました。

 しかし信玄がクーデターを起こし信虎を追放すると、信玄は諏訪家とは対立路線へと方向転換をします。

 信玄が諏訪に侵攻を開始したとの知らせを受けた頼重は当初は信じませんでしたが、高遠城主の高遠頼継が信玄に呼応して諏訪に侵攻してくるとこれに対峙、当時の本城である上原城を捨てて、ここ桑原城に立て籠もります。

 落城も時間の問題かと思ったときに、信玄のほうから和睦の使者が来ました。

 義理の兄である信玄の言うことを信じた頼重は、これを受け入れてしまうのです。

 案の定、和睦の話は真っ赤な嘘で、甲府に連れて行かれた頼重は東光寺で切腹させられて、戦国大名としての諏訪氏は滅亡したのでした。













   
桑原城から

 ちなみに信玄の妹で頼重の妻である禰々は、心労のあまり16歳で亡くなったのでした。

 ちなみついでに、頼重の娘はあの諏訪御寮人(小説・風林火山では由布姫)ですね。













 
桑原城からの諏訪湖

 主郭から見た諏訪湖です。

 城の遺構も少しはあるのですが、やはりこの城の最大の見所はこの眺めだと思います。

 頼重も死ぬ前にもう一度この景色を見たかったことでしょう。



 

[諏訪湖] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

この時代は

石垣ではなく・・・土塁だったのでしょうか??
土塁じゃさすがに残りませんよね

あっ、こんばんは

この諏訪湖の風景・・・・いいですね!!
朝か夕方の景色もまた一風変わっているかも・・・

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

Tomさんこんばんは

土塁であっても、自治体などがキチンと管理していてくれればちゃんと残るんですけどね。

夜の諏訪湖も見てみたかったけど、さすがに夜に山城に登るのは勇気がいりますね(笑)

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ