記事一覧

ニッコウキスゲと諏訪の史跡(15) ~頼重院と頼岳寺~

頼重院 

 桑原城を攻略したあとは、頼重院に行きました。

 勘の良い方(そうでなくとも)はもうお分かりだと思いますが…














上原城主諏訪
 

 諏訪頼重の廟所です。















頼重院本堂 

 諏訪頼重は武田勝頼のおじいちゃんですが、結局、諏訪頼重の墓は見つからなかったんです。














  
051.jpg 

 でも、小説・武田信玄(大河ドラマの原作ですね)の作者・新田次郎さんの歌碑がありました。














 
頼重院から 

 後で調べてみたら、400年前に建てられた宝篋印塔は本堂に安置されているようで、最近建てられた墓石が本堂の脇辺りにあるそうな。

 まあ、本当の諏訪頼重の墓は甲府にあるんですよね。















頼岳寺 

 頼重院の後は、すぐ近くにある頼岳寺です。

 ここも諏訪氏の菩提寺ですよ。













  
 
頼岳寺ん 

 琉球風の山門がおもしろい。
















 
頼岳寺本堂 

   大正時代に建てられた本堂。














諏訪家の廟

 んで、こちらが廟所です。

 一つの建物の中に、三人の方が眠っています。

 左から、初代高島藩主の諏訪頼水、真ん中が頼水の父親の頼忠、右が頼忠夫人です。

 
 

 武田信玄に一旦は滅ぼされた諏訪家ですが、武田家が滅びると頼重の従兄弟であった頼忠が徳川家に取り立てられます。

 徳川の関東移封に伴って一度は諏訪家も関東に移りますが、関ヶ原以降は本来の本拠地である諏訪に戻ることが出来ました。

 頼忠の子である頼水が初代高島藩主になると、明治まで諏訪氏が諏訪を治めました。





 次は、戦国時代における諏訪氏の本拠・上原城です。




[諏訪湖] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

諏訪頼重

歴史に埋もれそうな人ですが、姻族が徳川家に取り立てられることでこうやって、菩提寺院も建立されることになったのかもしれませんねー

あっ、こんばんは

浮き城の高島城も1度は見てみたいものです
こうして、城主の菩提寺も見ておくのも面白いですね!!あ~熊本城だけを見て帰ってきてしまったのは、あまりに惜しいことをしたような・・・気がします

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochi

No title

 こんばんは。宇宙からさきほど帰還しました。(^ω^)ノシ

 ところで、最近随分ディープなところの墓参をされていらっしゃいますね。こちらの諏訪氏の菩提寺もまだ行ったことがないので、参考にさせていただきたいと思います。
 上原城も少々気になるので、続きを楽しみにしております。

 つ☆

Tomさんこんばんは

私も以前は城址しか興味がなかったのですが
今は新米墓マイラーとしても活動しております(笑)
可能な限り、城とその城主の墓はセットで見るようにしてますよ。

凸ヾ(⌒o⌒)ノpochiありがとうございます

A☆六文銭さんこんばんは

そしておかれりなさい(笑)

そうそう、最近はディープな墓所ばかりなので、墓マイラーの聖地ともいえる、超メジャー墓所にも行ってきたので、楽しみにしていてください。

☆ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ