記事一覧

中国遠征記2012(12) ~萩城城下町~

萩城城下町 

 萩城を攻略したあとは、萩城城下町地区の散策です。











史跡 萩城城下町 

 この萩城城下町は、武家屋敷や町屋が当寺のまま残り、国の史跡の指定されています。

 ここには…













  
木戸生誕 

 木戸孝允の旧宅や…











 
高杉生誕 

 高杉晋作の旧宅なんかもありますが、どこの施設も入場料を取るんですよね。

 それだけ史跡を維持するのは大変だと思うのですが、どちらにも入りませんでした。











 
ライダー晋作 

 それでは面白きこともなくなってしまうので…










 
高杉伊藤勉学 

 ここだけは入城料を払って入りましたよ。











 
金比羅 

 高杉晋作と伊藤博文が勉学に励んだという、円政寺です。 

 もともとは大内氏の祈願寺でしたが、毛利氏が萩城築城にあたってこちらに移転させてきました。

 神仏分離令に反して、今も寺と神社が一緒にあるおもしろい形態です。










 
日本一の 

 日本一らしい石灯篭。











 
天狗

 高杉晋作は、小さい頃からこの天狗を見て育ったという。

 夜中に見ると怖そうだ(汗)



 


[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

待ってました!

萩城城下町、高校の修学旅行の時には全く興味が無かったので・・・

あ、こんばんはe-330

電線がありませんね~
これは街並み保存では重要ですね。
電線があるとせっかくの「歴史的重要保存地区」の説得力がいまいち・・・

木戸孝允と高杉晋作の旧宅は有料でしたか~e-327
維持管理に当てているのでしょうから仕方が無いですよね~

円政寺というお寺があるんですか。
日本一の石灯篭・・・
名乗ったもの勝ちみたいなところもありますからね~笑

凸ヾ(・∀・)

アッキーさんこんばんは

確かに伝染が無いのは重要ですよね
お金はかかるでしょうが、各観光地は頑張って電線をなくしてほしいものです

萩のように見所がたくさんあるところは
共通チケットなどを作って
それ一枚で入れるようにしたらいいと思うんですけどね~

まあ、いろいろ大人の事情があるでしょうが…

凸ヾ(・∀・)ありがとうごじあます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ