記事一覧

奥州仕置2012 (最終回) ~当信寺と片倉家廟所~

当信寺  

 最終回は、白石城主・片倉家ゆかりの人々のお墓参りです。

 まずは、撮影禁止の温麺の店と同じ通りにあります、当信寺です。

 写真の山門は、白石城の遺構だそうですよ。









真田阿梅・大八の墓 

 ここには、真田阿梅と真田大八の墓があります。

 この二人は真田信繁(幸村)の子供で、大坂の陣の後に白石城主であった片倉重長に保護され、後に阿梅は重長の後妻になり、大八は家臣として取り立てられました。

 大八は真田守信と名乗ったのですが、幕府から怪しまれると片倉守信に名前を変えたそうです。

 






  
片倉家廟所案内 
【クリックで拡大】

 当信寺の後は、片倉家廟所に行きました。

 








 
片倉家廟所へ 

 駐車場に車を止めて、ご覧のような階段を登っていくのですが、このころちょうど雪が降りはじめてしまったので、行くのを止めてしまおうかと迷ってしまいました。

 もし積ってしまったら、運転するのは怖いですからね~

 でも、せっかく遠くまで来たのだからと、急いで墓参りを済ませました。









 
片倉家廟所 

 というわけで、あまりいい写真が残っていないんですよね。









 
片倉歴代 

 片倉家廟所には、片倉景綱を初代として、10代・宗景までの墓が揃っています。

 普通墓石というと、五輪塔とか宝篋印塔が多いのですが、片倉家の墓石はご覧のように仏像なのですよ。

 少し薄暗い中にこれだけの仏像が並んでいる様は、ちょっと怖いです。










片倉景綱の墓 

 真ん中に初代・景綱の墓石があります。

 景綱は最初は違う場所にある寺に葬られたのですが、後にこちらに改葬されました。

 改葬前の寺にも行く予定だったのですが、すっかり忘れてしまいましたよ。









 
竹下景子 

 こんな写真しか残っていませんが、景綱の姉で伊達政宗の乳母も勤めた、片倉喜多子の墓がすぐ近くにあります。

 大河ドラマ・独眼龍政宗では、竹下景子さんが演じられていました。









  
田村清顕の墓 

 またそのすぐ近くには田村清顕の墓もあります。

 清顕は伊達政宗の妻・愛姫の父親です。

 実はこの近くに真田幸村の子・阿菖蒲の墓と、阿菖蒲が建てた幸村の供養塔もあったのですが、すっかり撮るのを忘れてしまいました。

 阿菖蒲は、田村家の名跡を継いだ田村定廣(後に片倉に改姓)に嫁いだために田村家の墓所に墓があるのですね。

 最後の最後で、肝心な人の墓を取り忘れるという失態を演じてしまいました(汗)

 まあ、また白石に来ることもきっとあるでしょう。 …たぶん

  









より大きな地図で 奥州仕置2012 を表示





 というわけで、昨年末の東北旅行のレポートはこれにて終了です。



[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ