記事一覧

車山高原と小諸の史跡(6) ~小諸城・その2~

小諸城石垣  

 大きいニャンコと戯れた後は、また入り口付近まで戻って攻めなおしです。

 上の写真、左に進むと動物園ですが、右に進むと立派な石垣が出迎えてくれます。









小諸城石垣 (2) 

 少し進むと、番所跡。

 ここで番人のチェックがはいったんでしょうね~









 
石垣 

 苔むした石垣が最高!









 
小諸城黒門 

 この黒門橋の下が立派な堀になっていて、ここを越えると本丸があります。









 
小諸城黒門の先 

 本丸へ行くには、“鍵型”を通らけらばなりません。








 
桔梗 

 本丸では、明智の軍勢が待ち構えていた(笑)









 
懐古神社 

 現在の本丸には、最後の城主・牧野氏他が祀られている懐古神社が鎮座しています。

 







小諸天守台

 本丸の奥には、かつて三重の天守がありましたが、1626年に落雷で焼失して以来、再建はされなかったといいます。

 やはり苔むした石垣がいいですね!









  
天守台

 戦国後期に入城した仙石秀久による石垣らしいですが、この頃の積み方が無骨でカッコいいと思いますよ。









 
千曲川方面

 本丸を抜けてさらに奥に進んで、水の手展望台からの眺めです。

 奥に見えるのは千曲川で、“水の手”という名前から思うに、当時は千曲川の流れは眼下にあって、そこから水を汲んでいたのでしょうね。 









世界遺産

 この日は、世界遺産は見えませんでした…



 

[小諸情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ここは

石垣がとても素晴らしかった記憶があります。
そして駅から水平移動してきたにもかかわらず、千曲川を望むこの絶景

しかし、この城は「穴城」とも呼ばれる城でもあり~
不思議な地形に驚いた記憶があります

仙石秀久、島崎藤村、さてどちらのファンが訪れているのでしょう・・・
一昨日「小諸城400年祭」の缶バッジとパンフレットが届きました 凸!!

Tomさんこんばんは

やはり石垣があるとかっこがつきますね~
確か、城下町よりも低い場所にあるということなんですよね
信州は山が多いので、こういう場所に建てる技術が発達したのでしょうか?

秀久や藤村ファンというより
大きいニャンコファンが一番多いのではないでしょうか(笑)

凸ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ