記事一覧

羽後遠征記(12) ~正洞院と闐信寺と昼食~

正洞院跡  

 佐竹家の菩提寺を参拝した後は、その関係者の墓参りに行きました。

 まずは正洞院跡。

 正洞院跡は秋田大学の裏手にあり、寺町とは言わないまでも、寺が何軒か並んでいる場所にあります。

 正洞院とは初代久保田藩主の佐竹義宣の正室で、1585年に那須家から佐竹家に嫁ぎ、5年をすごした後に謎の自害を遂げたといいます。
 
 正洞院が亡くなった1590年といえば、那須家が小田原参陣に遅参して改易になりそう(かろうじて免れた)になった事件があったから、それとなにか関係するのかな?
 
 なんだか事件の臭いがしますね…










佐竹義宣夫人の墓 

 もちろん義宣夫人(正洞院)の墓もあったのですが、近代的な覆い堂(?)に囲まれていて、墓石は見ることは出来ませんでした。









 
篤胤の墓へ 

 さて、義宣夫人の墓の脇を登っていくと…









 
平田篤胤の墓 

 平田篤胤の墓がありました。

 平田篤胤は江戸時代後期の国学者で、尊王攘夷思想の根本を作った人ともいわれているそうです。

 吉田松陰をはじめ幕末の志士達に大いに影響を与えたそうですので、ここが幕末動乱の発信源だったのかもしれませんね~









   
義重の墓がある寺 

   続いては闐信寺(てんしんじ)です。

 “てん”という字は、門がまえに“眞”と書くのですが、どうやっても変換できないので、どこかのページからコピペさせて頂きましたよ。









義重の墓がある寺の本堂 

 もちろん有名人の墓がありますよ。









 
佐竹義重の墓 

 それは、佐竹義重です。

 義重は勇猛果敢なことから“鬼義重”と恐れられ、戦国時代には佐竹氏最盛期を作り上げたといっても過言ではないでしょう。

 息子(義宣)が関ヶ原の時に石田側につこうとした (家康が会津を攻めようとした時に、水戸と会津で挟み撃ちしようとしたという説がありますね) ために、息子と対立。

 結局佐竹氏は曖昧な態度をとった為に、秋田に移封(50万石→20万石)となり、義重は後の1612年に落馬が原因で亡くなりました。

 鬼と呼ばれた義重の最後にしては、かっこわるいですね(笑)




 墓参りが終わったら、昼飯ですよ!









  
比内地鶏の親子丼 

 この日は秋田駅ビル内にある、比内地鶏やさんで 『比内地鶏の究極親子丼』 をいただきました。

 玉子がトロットロッで、とてもおいしかったですよ。



 次はお城です。


  
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ





関連記事
スポンサーサイト

コメント

比内地鶏

 こんばんは。平田篤胤の墓は珍しいですね。

 墓もいいのですが、「比内地鶏」の親子丼、私も秋田へ行ったとき食べて、ものすごくおいしかったです。

 また秋田へ再訪したいものです。

 (^^)つ☆

A☆六文銭さんこんばんは

私は篤胤の墓は興味が無かったのです(笑)が、
義宣の奥さんの墓に行くついでにいってきました

親子丼おいしいですよね

私もまた行きたいです

☆ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ