記事一覧

羽後遠征記(14) ~久保田城・その2~

御物頭番所 (1200x900)  

 長坂といわれる石段を登っていくと、久保田城内唯一の現存建築物である、御物頭御番所があります。

 番所というからには、見張り番が詰めていたのでしょうね。









表門の表 (1200x900) 

 番所から上を見上げると、本丸の正門である表門があります。

 これは再建ですね。









 
表門の裏 (1200x900) 

 葉っぱで見づらいので、反対側から見るとこんなかんじ。









 
本丸 (1200x900) 

 本丸跡です。









 
誰かいる@久保田城 (375x500) 

 桜が咲いていました。

 遠くに誰かいますね…









 
佐竹義堯 (375x500) 

 遠くにいたのは、久保田藩最後の藩主・佐竹義尭(よしたか)さんでした。

 久保田藩は最初は奥羽越列藩同盟に加盟していたんですけど、途中で離脱しちゃったんですよね。

 まあ、これはしょうがないことだとは思いますが、この人が離脱を決めなきゃ会津戦争ももうちょっと違うものになっていたのかもしれません。

 八重も鉄砲を持って戦うこともなかったかもね。









 
隅櫓 (1200x900)

 本丸の北西端まで歩くと、模擬櫓が建っています。

 どうせ模擬なんだから、“天守”って言っちゃえばいいのに(笑)









 
久保田城隅櫓 (1200x900)

 この場所に隅櫓が建っていたのは事実なのですが、当時は三重ではなくて二重だったそうです。

 







 
隅櫓から (1200x900)

 模擬櫓からの眺めです。





 
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは

久保田城内唯一の現存建築物の御物頭御番所、なかなかいいですね
本丸の表門、こちらも違和感無く上手く復元されていますね
さて「復元櫓」なんか軽そうに見えてしまうのは、気のせいですかね

咲いている桜は「八重桜」ですね・・・・ 凸!

久保田城&佐竹氏

 こんばんは。
 
 佐竹氏ですが、かつて常陸から秋田へ国替えさせられましたよね。その時の「遺恨」がありますので、徳川幕府への思い入れなんてとりたてて無いんですよね。。。

 もしかしたらこの後お書きになるかもしれませんが、城内の庭園跡に石田三成ゆかりの手水鉢だったかな(うろ覚えですが)があったんですよ。ちょっとしたエピソードですね。

 つ☆

Tomさんこんばんは

櫓は適当に?復元されたものですからね~
それに対して、門は昔ながら工法で造られているので
櫓が余計に浮いて見えますね~

八重の桜が咲いていました

凸ありがとうございます

A☆六文銭さんこんばんは

そうなんです!

あの手水鉢はすっかり見るのを忘れていたのですよ
たしか朝鮮から清正が持ち帰ったものを、
三成経由で佐竹に渡ったのだと記憶しています。

☆ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ