記事一覧

肥前遠征記(14) ~浦上天主堂と倉場家の墓~

1大浦天主堂 (1200x900) 

 次は浦上天主堂です。








2大浦天主堂 (900x1200)

 浦上天主堂は、幕末の19世紀後半に建てられますが、あの原爆によって全壊してしまいました。









 
3大浦天主堂 (1200x900)

 広島の原爆ドーム同様に、保存することが検討されたらしいですが、破壊がすさまじく保存することが困難ということで、一部を除き取り壊されました。

 その一部は、爆心地公園に保存されていました。

 ちなみに今ある浦上天主堂は、1959年に再建されてもので、す。









 
4倉場家 (1200x900)

 続いては、倉場家の墓です。











 
5倉場家 (1200x900)

 倉場さんとは誰かというと、あのトーマス・グラバーさんのことですよ(笑)

 右の墓石がトーマス・グラバーのもので、左が息子さんの倉場富三郎のものです。

 富三郎は、トーマスと日本人女性との間に生まれた子供で、大戦時にはスパイ容疑をかけられるなど波乱の人生を送ったようです。

  
[肥前] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ