記事一覧

天地人、花に背いて北へ帰る(2)

時は戦国

 

その中で

 

義を重んじ

 

愛を掲げて生きた

 

一人の男がいた…

天地人0104(2) 

 

その男の名は…   上杉家家臣、直江兼続

 

 ようやく始まりました、天地人。 初回から泣けるお話をありがとうございます。 なかなか幸先の良い出だしだったのではないでしょうか。

 

天地人0104(1) 

 

 秀吉の誘いを断るシーンから始まり、「殿のそばを離れない」と誓ったところで出会いのいきさつを振り返るという、まさにドラマの定石に私はやられました。

 腐女子のみなさんは、石田三成の流し目にやられたのではないでしょうか?

 

 秀吉には譜代の家臣というものがありませんでしたので、他人に優秀な家臣がいるのを羨んだようです。 他にも、伊達政宗の家臣で片倉景綱も誘われたのは有名な話です。 もちろん断っています。

 

 さてさて五歳の与六は上田長尾家の勘定奉行の息子という設定。 本当はもっと低い身分だったという説もあります。

 なので実際のところ、兼続の前半生はあまりわかっていないのです。 それをこれから先、どのようにつないでいくのか脚本家の先生の腕の見せ所ですよ!

 

 

 はたして与六は、喜平次を支える七つの星になれるのか? 

 

天地人0104(3) 

 

ではまた…

 


にほんブログ村 歴史ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

上杉謙信役の

阿部寛は、いい演技でしたね・・・・
「義経」の時の平重盛の役も良かったですが・・・・・・

ドラマでは現代にも分かるように「仁愛」の「愛」が兜にって言ってましたが・・・・
仁愛の思想は「江戸時代の元禄期」の儒学思想からで、戦国には無かったようですよ。

本当は「愛染明王」からの「愛」だという説が有力のようです。上杉謙信が「毘沙門天」の「毘」を旗頭にしていたのと同様みたいですよ

凸ヾ(⌒o⌒)

愛染明王といえば、エロスですな

阿部寛は最近三枚目が多いので、いつ冗談を言い出すのかと思ってドキドキでした。

吉川晃司の信長が、なかなか良かったです。

始まりましたね~!

こんばんは☆
ついに始まりましたね!天地人。
愛の前立てについては愛染明王からというのが有力ですよね。
明日の「その時歴史が動いた」で直江兼続関係の特集が放送されるようなので見てみようと思います。
阿部寛さんの上杉謙信、かっこよかったです!
阿部寛さんが前田慶次郎でも良かったのではないかと思うんですが…。慶次郎役は誰になるのか本当に気になります。
石田光成が爽やかすぎますね!(笑)

始まりましたよ~

そう考えると、阿部寛さんの二役でもいいかもしれないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ