FC2ブログ

記事一覧

天地人、花に背いて北へ帰る(38)

天地人 第36回 『史上最大の密約』  なかなか緊張感があって面白い回でしたね。 内容は嘘っぱちでも脚本次第で面白くなるものですよ。 それだけに、御館の乱前後がもったいなくてしょうがないです。   【見つめ合う二人】  さて、史実では兼続と三成の密約はあったのでしょうか? まあ、無かったとするのが定説ではありますが、やっぱり『あった』とするほうが面白くはありますよね。 というわけで、...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(37)

天地人 第35回 『家康の陰謀』  皆さん、今日の天地人は19時からでしたね。 忘れずにご覧になりましたか?  それもこれも衆議院選挙のおかげです。 皆さんは選挙に行かれたでしょうか? 私は、民主党があんなに圧勝するとは思いませんでしたよ。 皆、民主党に期待をしているのでしょうか? それとも、自民党に飽き飽きしてしまったのでしょうか? どっちにしろ、日本が良い国になればどこが政権を獲ろうと私は...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(36)

天地人 第34回 『さらば、越後』  泉沢さんの息子が一揆を起こすのでしょうか? だったらかなりブラックですよ、兼続さん! あんな子供に一揆を起こさせるなんて。 事実、関ヶ原の時に兼続は越後の民に一揆を起こさせています。 堀氏に鎮圧されちゃったけどね。  【腹黒い二人】  しかし『越後の民を守ることが上杉の義』から『日本の民を守ることが上杉の義』に路線変更したのはいいとして、家康の...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(35)

天地人 第33回 『五人の兼続』  そ~かぁ、五大老制度って、兼続が考えたんだねぇ~、すごいね~ そ~かぁ、最初は徳川・前田・毛利・小早川・宇喜多・上杉の六人だったんだぁ~、  って、いいの? これでいいの? 確かに大河ドラマは歴史の教科書ではないけれど、主人公を持ち上げるのはしょうがないけれど、本当にこれでいいの? いいの?  ‥‥そうだった、今年の大河はこんなんだったんだ。 諦めたは...

続きを読む

天地人 花に背いて北へ帰る(34)

天地人 第32回 『世継ぎの運命』  いや~、終わるの早かったですね、朝鮮出兵は。 直前の地震のほうがはるかに長かったですよ。(関東・東北では地震があったんです) 地震といえば、本編でも登場した伏見城は、一度地震で倒壊しているんですよね。 次の年に再建された伏見城は、関ヶ原の戦いの時に西軍に攻められて焼失。 今度は天下人になった徳川家康が再建しました。 その三代目の伏見城は二代将軍・秀忠の時に破...

続きを読む

天地人 花に背いて北へ帰る(33)

天地人 第31回 『愛の花戦』 あいのはないくさ って、タイトルからして見る気無くなっちゃいますよ~ 内容も思ったとおり。 結局は淀と北政所の敵対関係、つまり関ヶ原~大阪の陣への伏線としたかったのでしょうか?  だからといって、菊姫が北政所にキレちゃうのはよくないですよ。 そんな情緒不安定な菊ちゃんに惚れる要素なんてないでしょ? ねえ、殿?  史実では皆から尊敬されていたと思われる菊姫なんだか...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(32)

天地人 第30回 『女たちの上洛』  さて、今週も感想を書かなければなりませんか? あまり筆が進まないな~ つっこむところは、景勝・兼続・三成の髪型が変わったところ? それとも、出産シーン?  【止めないの?】  いやいや、やっぱり一番のつっこみどころは、菊姫のわがままですよ。 なんたって、上洛したくない理由が「殿が浮気するから」ですよ。 そんなに菊姫は景勝のことを想っていましたっ...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(31)

天地人 第29回 『天下統一』  松井田城主の大道寺政繁。 敗将なのに手厚くもてなされて良かったね、みたいになっていましたが。 彼は道案内役として豊臣軍に加わり、結局はそのことが秀吉の怒りをかうことになり、北条氏政らとともに切腹させられます。 ドラマはここまでやらないとねぇ~ 『せっかく上杉が命を助けたのに、秀吉のヤツときたら殺しやがって!』なんていうエピソードにもなったと思うんですが、もった...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(30)

天地人 第28回 『北の独眼竜』 今回は政宗の紹介と佐渡平定、そしてなんといってもブラック遠山再登場が目玉でしたね。これからどんな活躍をするのか楽しみです。まさか、徳川と北条の橋渡し役だけで終わりませんよね?東国の諸将を北条の見方に付けるため、形振り構わず動き回る。くらいの活躍はしてほしいものです。 もちろん、兼続らとも運命の再開ですね!そうでないと、ブラック遠山の名が廃ります。←勝手に命...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(29)

天地人 第27回 『与六と与七』  まずは冒頭の「新発田の乱」 全く無視されなっかたのはよかったですが、殆どナレーションで済ますとは今年の大河っぽいですな。 でも歴史を知らない視聴者は「やっと春日山に平穏が…」というセリフに違和感を覚えたのでは? だって、本能寺の変からずぅ~っと平穏ぽかったじゃん! いまさら新発田って誰?ですよね。  それに小国の実家は源氏の流れを汲むって、名門を鼻...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(28)

天地人 第26回『関白を叱る』   秀吉を叱るって、兼続が叱るわけじゃないのですね?  兼続が秀吉の誘いを断るときに叱るのかと思って期待していたのに裏切られましたね。 そうだ、この大河は期待しちゃいけないんだった… 結局叱ったのは北政所さんだったというのがオチでしたとさっ。  【猿と狸の化かし合い】  上の画像の陣羽織のエピソードは良く聞く話ですよね。 前日の夜に密かに二人で...

続きを読む

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ