>

美濃・尾張・三河遠征記 (20) ~名古屋城・その3~

Category : 愛知県の城
12門 (1200x800)

 では、表二之門に戻って本丸に入ります。







13御殿へ (1200x800)

 以前は立派な櫓門が乗っていたのでしょうね。








14御殿 (1200x800)

 先程の石垣を抜けると、数年前に竣工したばかりの本丸御殿があります。







15内部 (1200x800)

 まだ、新築の臭いがしましたよ。







16天守 (1200x800)

 御殿を抜けたら天守です。







17でかい (1200x800)

 現存天守は空襲で焼けてしまったので、鉄筋コンクリート造りですが、近くに来るととても大きいですね。

 こんなに大きい建物を、木造復元なんかできるのでしょうか?







18眺め (1200x800)

 内部は資料館のようになっていましたので、写真はいきなり最上階からの眺めです。









19ながめ (1200x800)

 曇っていたのが残念ですね~






20外へ (1200x800)

 不明門(復元)から本丸の外に出ます。






21清正 (1200x800)

 天守台の北東部の隅石には、刻印が入っています。

 画像をクリックすると拡大するので、それを保存して縦にして見て下さいね。







22天守 (1200x800)

 最後に天守の写真です。

 ちなみに、私は名古屋城天守の木造復元には反対です! (そもそも、消防と国交省だか文化庁だかがYESと言わないでしょう… 変な力が働かなければ…)

 まぁ、完成したら行きますけどね。

[尾張国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

美濃・尾張・三河遠征記 (19) ~名古屋城・その2~

Category : 愛知県の城
1正門 (1200x800)

 では名古屋城有料エリアに討ち入ります。

 この門は、再建です。








 
2おもてなし (1200x800)

 中に入ると、おもてなし武将隊が待機していましたが、目を合わすと絡まれそうなので逃げました(笑)








 
3本丸へ (1200x800)

 西の丸そ進みます。








 
4天守と (1200x800)

 現存建築物の西南隅櫓が見えてきました。

 奥はもちろん天守。








 
5櫓二基 (1200x800)

 西南隅櫓と表二の門、そして東南隅櫓。








 
6門 (1200x800)

 表二の門です、現存です。








 
7清正 (1200x800)

 そしてその向かいには、清正公石曳の像があります。

 名古屋城造営に関わったのは加藤清正だけではないのに、やはり地元だけに人気なのですね。










 
8櫓 (1200x800)

 この東南隅櫓も現存建築物です。








 
9問 (1200x800)

 本丸の東側を北側に進むと、東二之門があります。

 この現存の門を潜ると、清正石があります。








 
10清正石 (1200x800)

 この巨石は本当は黒田長政の担当だったので、長政石と呼ぶべきだよね。










 
11門 (1200x800)

 表二之門に戻って、本丸に入ります。
 
[尾張国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

美濃・尾張・三河遠征記 (18) ~名古屋城・その1~

Category : 愛知県の城
1市役所 (1200x800)
 
 次の日は朝一で名古屋城に行きました。







2外濠 (1200x800)

 正門前駐車場だと9時オープンなので、8:30オープンの二の丸東駐車場に車を入れて、外濠を一周廻ってから9時オープンの名古屋城に入ろうという作戦です。








3なんとか門 (1200x800)

 というわけで、二の丸東門から外濠沿いを反時計回りに歩きます。






4水濠 (1200x800)

 北側の濠から天守を望む…







5水濠 (1200x800)

 近世城郭の濠の広さは、ハンパない!







6入り組んだ (1200x800)

 なんでここだけ水濠が深く入り組んでいるのだろうと思ったら、後にもう一ヶ所入り組んだ場所があって、そことここで巨大な馬出しを形成していることがわかりまた。







7水濠 (1200x800)

 西に進みます…








8なんとか櫓 (1200x800)

 北西の角には、その名も『西北隅櫓』があります。







9別角度 (1200x800)

 1616年竣工の、重要文化財ですよ。






10いりくんだ (1200x800)

 先程書きました、馬出しを形成する水濠の『くびれ』部分。







11水濠おわり (1200x800)

 南西の角で、水濠は終わっています。







12なんとか門 (1200x800)

 この道をまっすぐ進めば正門(本来の大手とは違うらしい)です。







13清正 (1200x800)

 その前に清正公にご挨拶。






14入る (1200x800)

 つづく…

[尾張国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

美濃・尾張・三河遠征記 (16) ~小田井城~

Category : 愛知県の城
1小田井 (1200x800)

 清洲から次の目的地に向かう途中、カーナビ上の“城跡公園”という文字が気になってしまったので、ちょっと寄ってみました。








2広場 (1200x800)

 今はただの公園になっていますが、14世紀ころ尾張守護代の織田氏(信長の家系とはちょっと違う)によって築かれた小田井城という城だったようです。








3城址碑 (1200x800)

 代々その織田氏が城主を務めていたようですが、秀吉に追い出された後に廃城になったようです。







4物見櫓 (800x1200)

 遺構は物見櫓が残っていました??


[尾張国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

美濃・尾張・三河遠征記 (15) ~清洲城~

Category : 愛知県の城
1新幹線 (1200x800)

 続いては清洲城です。

 真清田神社からは13キロほどでしたが、やはり車で1時間以上かかってしまいました。

 






2天守 (1200x800)

 清洲城といえば信長の城として有名ですが、もともとは尾張守護の斯波氏が築いたものをいろいろあって信長が改修しました。

 桶狭間の戦いの時もここから出陣しましたね。

 信長時代に天守はあったかどうかはわかりませんが、現在の天守は平成元年に建てられた模擬天守です。

 新幹線から見えることで有名ですね。







3名古屋 (1200x800)

 中はありがちな資料館になっていて、撮影禁止です。

 上の写真は最上階からの眺めで、鯱の尻尾の先に名古屋城が見えます。







 
4石垣 (1200x800)

 遺構はほとんど残っていないようですが、近くの川の工事をした際に上の石垣が発見されたようです。







5古城 (1200x800)

 実は現在の天守が建っているあたりは清洲城跡ではなく、石垣がある辺りが清洲城跡のようです。






6信長 (800x1200)

 近くには信長像と…




7市 (800x1200)

 濃姫像がありました。


[尾張国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR