FC2ブログ

記事一覧

速報! 平成出羽合戦(1) ~乙宝寺~

 というわけで、旅に出てました。 今回は山形県を中心にまわってきましたよ。 埼玉から車で山形に入るには、東北道から仙台経由で山形市に入る方法、東北道から福島市(または会津)経由で米沢に入る方法、そして関越道を通り、日本海側から鶴岡市に入る方法の三つがあります。 今回は三つ目の日本海側から入る方法を選びました。  まずは新潟県の北端の村上市の手前にある胎内市で高速道を降り、乙宝寺(おっぽうじ)に寄り...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(最終回) ~龍澤寺と関興寺~

  南魚沼の史跡めぐりは、最終回です。  まずは龍澤寺(りゅうたくじ)。 上越国際スキー場駅のすぐ近くにあります。 途中、バブルの頃には大いに流行ったであろうリゾートホテルの建つ通りを通ってきたのですが、なんだか人がいなくて寂しかったですね。 もちろん、スキーシーズンが終わった頃だったのでしょうがないですが… あの頃は、上越国際とか苗場とかは、憧れのスキー場だったのを思い出しましたよ。  この龍...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(7) ~雲洞庵 その2~

  この雲洞庵は、8世紀初頭に創建されたとされます。室町時代には関東管領だった上杉憲実が再興しました。 ちなみにこの憲実は、謙信から数えて8代前の人です。  では早速、江戸時代に再建されたという本堂に入りましょう。   その前に宝物殿。 大河ドラマ・天地人にも登場した北高全祝住職が、武田信玄や上杉謙信から慕われていたこともあって、その二人を中心とした縁の品が展示されていました。  その辺の...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(6) ~長尾政景墓所と雲洞庵~

  六日町駅付近をフラフラしたあとは、坂戸城の麓にある長尾政景の墓所に行きました。 ここも積雪が残っていたのですが、なんとか近づくことができました。   墓石に近づくことが出来なかったので、いつ建立されたものか確認することはできなかったのですが、比較的新しい墓石のようですね。 長尾政景は上杉謙信の後を継いだ上杉景勝の実の父親で、謙信の姉・仙桃院を娶っていました。 大河ドラマ天地人では、最初の回...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(5) ~六日町駅周辺・その2~

  お六と桂姫の像から、少し駅側に戻ると… いつのまにか兼続通りなるものが出来ていました(笑) 兼続通りっていうくらいだから、彼に関するものが何かあるのだろうと歩いていると…   幸村~! (本名・信~!)   三成~! (幼名・佐吉~!) でもこの像、おもいっきりあのゲームを意識してますよね? もちろん、謙信や景勝の像もありましたよ。   次は南魚沼市役所です。 以前私が来た時はまだ南魚...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(4) ~六日町駅周辺~

 おいしい蕎麦をいただいた後は、六日町駅付近の散策です。   駅から見た景色です。  左に見える山が坂戸城のある坂戸山です。   今回は登りませんでしたけどね~     お! USG24なんてのもあるんですかっ!?     一枚目の写真の奥の方に歩いていくと、六日町大橋があります。  この橋の袂には…     お六と桂姫の像がありました(後ろは坂戸城)  お六とは直江兼続の幼名です。本...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(3) ~八海山神社と蕎麦~

 六万騎山城を攻略した後は八海山の麓にある八海山神社に行きました。 山の方に行くので積雪が心配されましたが、車道には雪は無く安心しました。   無事到着したのはいいですが、神社境内には積雪で入れませんでしたよ…   これは地震で壊れちゃったんでしょうか?   なんとか望遠で撮った社殿です。 周りを板で囲っているのは、積雪対策なんでしょうかね?   八海山神社を参拝した(してないけど)あ...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(1) ~普光寺と浦佐城~

 今回から、4月14日に訪れた南魚沼市の史跡巡りのレポートを始めます。 まずは関越自動車道・大和スマートICから、車で5分ほどのところにある普光寺(浦佐毘沙門堂)です。 JR浦佐駅からも近いですよ。   江戸時代末期に作られた山門を抜けると…   そこは雪国だった…   ホントに冗談ではなく、この毘沙門堂にも雪で近づけません。   4月中旬なので、もう雪は無いだろうと思っていたんですけど、そ...

続きを読む

雪解けを待って、新発田征伐(最終回) ~越後府とイタリアン~

 水原代官所を見た(外観だけですが)後は、越後府跡です。 ここにはこのあたりの豪農の別邸があったそうですが、戊辰戦争の時に会津藩の本営になったそうで、新政府軍の攻撃対象となり戦火で焼失してしまったそうです。 その後明治になり、このあたりは越後府(後に水原県)となり、府庁舎が建てられました。 その府庁舎が建てられたのがここです。 一年後には新潟県に吸収されたので、たった一年の“県庁所在地”でしたようですね...

続きを読む

雪解けを待って、新発田征伐(12) ~瓢湖~

 続いては、笹岡城と同じ阿賀野市にある瓢湖です。 ここは江戸時代の初めに用水池として誕生しました。 池の形が瓢箪に似ていることから、瓢湖と呼ばれるようになったそうです。 そしていつしか渡り鳥が飛来するようになり、日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功しました。 最近では餌付けをやめてしまう自治体もあるようですが、ここは続けているようです。   そして2008年には、湿地の生態系を守る為に出来た“ラ...

続きを読む

雪解けを待って、新発田征伐(10) ~五十公野茶屋~

  五十公野城の麓には五十公野茶屋があります。 “いじみのちゃや”と読みます。 イジリー岡○じゃないですよ。 初代新発田藩主の溝口秀勝が入封してきてから新発田城が完成するまでの間、ここに一時的に陣屋が置かれていたそうです。 その跡に、三代藩主が庭園を造りました。  清水園は入園料を取られましたが、ここは無料です。  清水園に比べればこじんまりとしていますが、なかなかいい庭でした。 ...

続きを読む

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ