FC2ブログ

記事一覧

平成出羽合戦(27) ~光禅寺~

 続いては光禅寺です。 場所は山形城から南東に2キロ、駒姫の墓がある専称寺からも南西に2キロほどの場所にあります。 最上義光が城下の七日町に建てた寺ですが、最上氏の後に山形に入った鳥居氏によって今の場所に移されました。  もちろん有名人の墓がありますよ。 上の写真の右側が義光の二男で二代藩主の家親の墓で、左側が家親の息子の義俊の墓です。 こちらは義光に殉死した家臣の墓。 そしてこちらが最上義光の墓...

続きを読む

平成出羽合戦(26) ~専称寺~

 鳥居忠政の墓参りを済ませたら、専称寺です。 山形城からは、ほぼ真東2キロの場所にあります。 こちらは、最上義光の駒つなぎの桜。 春に来ればよかったかな? この専称寺は、最上義光が娘である駒姫の菩提を弔うために建立しました。 この駒姫は、奥州仕置きで山形に寄った豊臣秀次に見初められ、秀次の側室になるために京に上ったのですが、彼女が京に到着後すぐに、秀次は謀反の疑いをかけられて切腹してしまいます。 ...

続きを読む

平成出羽合戦(25) ~長源寺~

 最上氏の菩提寺の後は、長源寺です。 この長源寺は、最上氏が改易になった後に藩主になった鳥居氏が建てた寺です。 もちろん鳥居氏の墓があるのですが、こちらは幕末の山形藩家老・水野元宣終焉の地碑。 奥羽列藩同盟に加盟し、新政府軍と戦った責任で斬首されたそです。 そしてこちらが、鳥居忠政の墓です。 忠政はあの元忠の息子で、父の功により関ヶ原後に磐城平を与えられたのですが、最上氏が改易になった後の山形を与...

続きを読む

平成出羽合戦(24) ~龍門寺~

 山形城を攻略したあとは、山形城から北へ1.5キロほどの場所にある龍門寺に行きました。 この龍門寺は、最上氏第5代当主・義春の菩提を弔うため、後を継いだ義秋によって創建されました。 義春とか義秋とか、他にも義夏とか義冬なんてのもいたのでしょうかね? もちろん最上義春の墓があります。 右が最上義春の墓で、左が最上義光のお父さんの義守の墓です。 [出羽国] ブログ村キーワード...

続きを読む

平成出羽合戦(20) ~天澤寺~

 鶴岡市街から車で南へ15分ほどで、天澤寺に到着しました。 このような小さな寺は探すのに苦労するのですが、国道沿いに大きく看板が出ていたので迷いたくても迷えないでしょう(笑)  先日紹介したとおり、加藤清正の息子・忠広は、肥後の領地を没収されて、ここ庄内地方に配流となりました。 その時、ひそかに父・清正の遺骸を持ち出して、ここ天澤寺で菩提を弔ったとか。 なんとか… というわけで、ここには加藤清正の...

続きを読む

平成出羽合戦(19) ~本住寺~

 鶴ヶ岡城を攻略したら、城から南へ10分ほどの閑静な住宅街の中にある本住寺に行きました。 この本住寺の創建時期は不明ですが、16世紀に中興されたのは確かなようです。 そしてここには誰が眠っているのかというと…  加藤清正の嫡男(本当は三男ですが、兄二人は早世)・加藤忠広(と、そのお母さん)です。 加藤清正が亡くなった後加藤家を継いだ忠広でしたが、大坂の陣も終わり、徳川家康・秀忠も亡くなって徳川家光...

続きを読む

平成出羽合戦(17) ~羽黒山五重塔~

 続いても出羽三山神社です。 ちなみに、出羽は『でわ』ではなく『いでは』と読むのが正式らしいです。 最初の地図の左下にある随身門からスタートです。 本来なら、その随身門から歩いて本殿まで行くのが正式の参道なのでしょうね。 ちなみに歩いて行ったら1時間の登山だそうです。  少し歩くと須賀の滝が見えてきました。 以前はこの滝で身を清めてから参拝したそうで、いまでいうところの手水でしょうね。 おっと、杉...

続きを読む

平成出羽合戦(16) ~出羽三山神社~

 清河八郎の墓参りの後は、出羽三山神社に行きました。 最初の写真の羽黒山の山頂付近にあるのですが、車で行けちゃうお手軽山頂です。 松尾芭蕉は歩いて登ったんでしょうね。 駐車場から5分も歩けば鳥居が見えてきます。 この鐘楼は1619年の再建で、鐘は鎌倉時代のものだそう。 そしてこちらが拝殿。  正式には三神合祭殿といい、月山・羽黒山・湯殿山(いわゆる、出羽三山)の神様をいっぺんにお参りできる建物っちゅう...

続きを読む

平成出羽合戦(15) ~歓喜寺~

 松山城から最上川沿いに30分ほどのドライブだったでしょうか、歓喜寺に到着です。 スマホのナビ通りに来たら、田んぼのあぜ道のような場所を走らされ、結局そのあぜ道みたいな場所に路上駐車する羽目になってしまいました。 後で調べたら、少し歩いた場所にちゃんとした駐車場がありました。 やっぱりちゃんとしたナビを買うべきですね~ そしてここには、清河八郎の墓があります。 八郎は幕末の志士で、簡単に説明すると、...

続きを読む

平成出羽合戦(13) ~青原寺~

 続いては青原寺です。 青原寺には、先日紹介した亀ヶ崎城の城主でもあった、志村光安(しむらあきやす)の墓があります。 光安は最上義光の家臣で、氏家守棟とともに最上家の重臣でした。 でもなんといっても彼の人生を紹介するうえで忘れてはいけないのが、慶長出羽合戦における長谷堂城攻防戦での活躍ですね。 北の関ヶ原ともいわれる慶長出羽合戦で、光安らの籠る長谷堂城に攻め寄せる、上杉方の“愛の武将(笑)”こと直江...

続きを読む

平成出羽合戦(11) ~淨福寺~

 酒田市の発展を語るうえで外せないのが、本間氏です。 本間氏の先祖は佐渡にいた氏族(もっと辿ると、武蔵七党の横山党らしい)で、上杉氏の佐渡攻略の後にこちらに住み着いたのが始まりらしいです。 その本間氏が商売を始め、海運業で財を成し、その儲けで土地を買って田畑を広げ、庄内藩の発展に貢献したといいます。 当時、日本一の大地主といわれたそうですが、戦後の農地解放でほとんどの土地を手放す羽目になったそうで...

続きを読む

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ