記事一覧

奥津軽と秋田沿岸部の旅(20) ~大館城~

 『秋田沿岸部の旅』と書いておきながら、チョット時間に余裕があったので、内陸部の大館市に向かいました。 目的は大館城です。 この大館城は、16世紀後半に浅利氏によって築かれたとされます。 この場所は安東氏・津軽氏・南部氏によって取り合いになりますが、関ヶ原後に佐竹氏が移封してからは、久保田藩の支城になりました。 そして幕末には戊辰戦争(秋田戦争)で焼けてしまい、廃城になりました。 大館市役所のあたりが...

続きを読む

長岡遠征記(6) ~長岡城~

 続いては長岡城です。 現在のJR長岡駅が城址です。 駅前の大名庭園風(?)の滝がある場所に、城址碑があります。 遺構が何も残っていないのは、明治維新時に新政府に刃向ったために、徹底的に破壊されたのでしょうね。 ↑ ということもあるでしょうが、鉄道敷設前までは公園として残っていたようなのですが、その公園に駅を作ることになってしまったので、開発が進んで遺構が消滅してしまったのでしょうね。 駅前の『アオーレ...

続きを読む

長岡遠征記(5) ~蔵王堂城~

 続きましては蔵王堂城へとやってきました。 場所は長岡駅から北に3キロほどの場所にある、金嶺神社がある蔵王公園です。 最初は越後守護の上杉氏の城でしたが、後に古志長尾氏→堀氏と城主が変わり、堀直寄の時に長岡城が完成した為にそこに移って、この蔵王堂城は廃城になりました。 今は水濠と土塁が残っているのみです。 その土塁と、この城を整備した堀直寄の像です。 土塁の上に城址碑がありました。[長岡情報] ブログ...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(19) ~檜山城~

 続いては淨明寺からも近い、檜山安東氏の居城・檜山城に行きました。 淨明寺から多宝院に向かう途中にあります。 車で主郭近くまで行けますが、麓から登りたい人は多宝院の駐車場を借りるといいでしょう。 かなり傾斜のきつい霧山天神の参道を登れば、社殿が見えてきます。 ここも檜山城の曲輪だったのかな? どんどん進めば、遺構を見ることが出来ます。 立派な堀切! 石碑が建っている場所が二の郭。 檜山城は、檜山安...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(18) ~淨明寺~

 秋田県は能代市の淨明寺へとやってきました。 この門は、近くにある檜山城の移築門との伝承があるそうです。  15世紀前半に、檜山安東氏が開いたとされますが、もちろん有名人の墓がありますよ。 それは浅利勝頼の首塚です。 勝頼はあの比内鶏で有名な比内郡の国人領主の二男(か三男)でしたが、安東氏に唆されたかなんかで兄を殺して当主におさまり、安藤氏の傘下になりました。 んが、後に檜山城で行われた酒宴に招かれた...

続きを読む

長岡遠征記(4) ~与板城~

 続いては与板城です。 与板城とは、あの愛の武将・直江兼続が築いたとされる城です。 天正年間に本与板城からこの与板城に移ってきましたが、主家の上杉氏が会津に移封されたときに廃城になったようです。 場所はm県道69号線を西に向かっていればこんな看板が見えるので、迷うことは無いでしょう。 大河ドラマなどで取り上げられることで、城址が整備されたり駐車場が出来たりするのでありがたいですね。 駐車場からは1...

続きを読む

長岡遠征記(3) ~与板陣屋~

 続いては、お船兼続ミュージアムから1キロほどの場所にある『与板陣屋』に行きました。 上の写真には『与板城址』と書いてありますが、次の記事の与板城と区別するためにあえて陣屋とさせていただきました。 この陣屋は、牧野氏が17世紀の前半に与板藩と立藩した際に築かれました。 その後、掛川から井伊家(彦根の分家)が移ってきて後に石高が増やされて城主格になった為に、与板陣屋は陣屋から城にクラスアップしたのです...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(17) ~本館城~

 日本海側の道を南下し、秋田県は八峰町へとやってきました。 秋田県で最初に訪れたのは、本館城(もとだてじょう)です。  案内看板の近くには駐車場が見当たらなかったので、路上駐車をしてひたすら城址を目指して歩きます。 登城道は一応轍がついているので車も登れるのでしょうが、すれ違うスペースがまったくありませんでした。 最初の看板から15分ほど歩けば、主郭と思われる場所に到着します。 この本館城は、16...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(16) ~茶右衛門館~

 円覚寺から日本海側の道を通り、30分ほどで茶右衛門館に到着です。 このときばかりは、撮鉄になりたかった! 茶右衛門館の場所(登り口)はここ(40.558165, 139.932825)です。 駐車場は無いですが、近くの踏切を渡ると車2~3台ほど停めるスペースがあったので、そこに停めさせていただきました。 登りは急ですが、10分ほどで主郭と思われる最頂部に到着でsきます。 これは堀切か? これは柱状節理ですねw(ブラタモリ...

続きを読む

東京で、『おんな城主 直虎』(2)

 先日は野暮用で都心に行ってきました。 用事がすんだら、やっぱり史跡めぐりですね♪ まず向かったのが、湯島駅からも近い称仰院です。 ここには井伊谷三人衆の一人、近藤康用の息子の近藤秀用の墓があります。 秀用は大河ドラマに出てくるかはわかりませんが、井伊直政とはそりが合わなかったらしく、後に出奔したそうです。 が、墓は上の写真の車の奥の囲いに囲まれてしまっていて、お参りすることはできませんでした。 ...

続きを読む

長岡遠征記(2) ~本与板城~

 与板には与板城という名前の城が三つあります。 南北朝時代に築かれたという本与板城、直江兼続が築いた与板城。 そして江戸時代の与板藩の藩庁になった与板城です。 まずは一番古い本与板城に行きました。  山城ですが、実城(本丸)近くまで車で行けるお手軽山城です。 ほら、駐車場から10分もかからずに本丸に到着ですよ。 やっぱり本丸からの眺めはいいですね。  二の郭方面にも行くことができる道があったのですが、...

続きを読む

長岡遠征記(1) ~与板歴史民俗資料館~

 ここからは、9月に行った新潟県長岡市の史跡めぐりのレポートです。 まず最初は与板地区にある歴史民俗資料館。 通称『兼続・お船ミュージアム』です。 与板は直江兼続が城主を務めた与板城があることで有名ですが、江戸時代は井伊家が治めた与板藩がありました。 というわけで、大河ドラマにあやかった井伊家名宝展をやっていましたよ。 井伊直政が伊賀越えの功で家康から拝領した『孔雀の陣羽織』が展示されるというので...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(15) ~円覚寺~

 深浦町へとやってきました。 道の駅だかでトイレを借りたついでに良さげな寺を発見! 坂上田村麻呂建立の古刹だそうな。 主に海運業者の信仰を集めたそうで、納められた宝物は航海安全を祈願するののが多いようです。 特に有名人の墓があるというわけではないので、5分ほどで退散です。[奥津軽] ブログ村キーワード...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(14) ~御仮屋~

 内陸の種里城を攻略したら、沿岸部に戻って海沿いを走りました。 途中、千畳敷なる観光地を通ってから到着したのは… 御仮屋です。 上の写真は虎口っぽいですね。 御仮屋とは参勤交代や鷹狩の途中で大名などが休憩する場所のことなので、全国にその名を見ることが出来ます。 ここの御仮屋は、特に9代津軽藩主のお気に入りの御仮屋なんだそうです。 このすばらしい景色を見たら、お気に入りにもなるでしょうな。[奥津軽] ブ...

続きを読む

青蓮寺@東松山

 先日は埼玉県東松山市にあります、青蓮寺(しょうれんじ)に行ってきましたよ。 武蔵七党の児玉党に属する入西遠弘がここ小代郷に居を構え、小代氏を名乗ります。 その小代氏の館跡に建てられたのが、この青蓮寺です。 山門の前で振り返れば少し崖のようになっているので、河岸段丘の端に建てられている事がわかります。   (奥に見えるのは、越辺川の土手) その小代氏は元寇の時に九州に派遣されて、そのまま九...

続きを読む

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ